Businessの最近の記事

30 December

FREE STYLE / MISHUKU.net 2013年のまとめ

かれこれ5年前からやってみてる1年間のまとめです。2013年のベストショット200枚とかあって、こんな年の瀬なので気長に読んでやってください。1ページの読み込み量が半端ないのでスマホとかじゃ全部みれないかも。がんばってパソコンでみてもらえると幸いです。

ブログ

今年は18エントリー。昨年に比べると1エントリー増。こっちのブログは完全にサバゲーと登山の思い出記録に振り切ってまして、仕事系のはITmediaのオルタナティブ・ブログに書いているため、「ブログみましたよ」って言われますと「どっちのですか?」と聞くようになりました。ちなみにオルタナティブ・ブログのほうは8エントリーだけど「いいね!」数やRT数、はてぶ数をみるとあっちが圧倒的にでかいメディアになってます。

こっちのブログのアクセス数ベスト3です。

第一位 太古の自然が残る屋久島 九州最高峰『宮之浦岳』縦走冒険記
第二位 年に一度のお祭りサバゲー『百姓一揆 22th 秋菊の陣』
第三位 岩佐真悠子 with 百姓一揆 ニコ生サバゲートーナメント優勝までの軌跡

サバゲーけかと思いきや屋久島行ったときのが多かったです。「1ページの写真掲載数が多くてページを開くのが重い」とかいろんな意見いただきますが、それはそれで(笑

ITmediaのオルタナティブ・ブログのアクセス数ベスト3。

第一位 リワード広告におけるCookieも端末IDも使わないFingerPrintを使った計測方法について
第二位 アプリの一般的な開発環境とゲーム開発プラットフォーム、広告会社に求められるSDKの対応について
第三位 海外リワード会社におけるIDFAの利用状況と、そもそもIDFAってなんだろう?

 旬だったDevice FingerPrint、IDFAがランクイン。意外に3rdPartyのまとめ系もはてぶ経由でのアクセスが多かったです。<

仕事系でいうと採用サイトや広報ブログに取り上げていただきました。アドテクスタジオ発足から一気にいろいろ加速し、ドラマティックな仕事となっております。来年も結果を残せるよう尽力します。
【社員インタビュー】Amebaリワード 技術責任者 三宿 仁|サイバーエージェント アドテクスタジオ 広報担当のブログ
AdTechSTUDIOエンジニア採用サイト | 株式会社サイバーエージェント

写真

何枚撮ったか数えるのがめんどいのですが、昨年より撮った数・公開した数は多いはず。だってベスト100選ぼうとして200枚くらいになったので、上半期・下半期に分けてみました。そんな2013年のベスト200です。たぶん200くらいあるだろう的な感じです。みてやってくださいな。

続きを読む: FREE STYLE / MISHUKU.net 2013年のまとめ

FREE STYLE / MISHUKU.net 2013年のまとめ(その2)

2013年まとめの続きです。

続きを読む: FREE STYLE / MISHUKU.net 2013年のまとめ(その2)

31 December

FREE STYLE / MISHUKU.net 2012年のまとめ

前からやってみてる1年間のまとめです。2012年三宿的にあったことベスト3とか、今年のベストショット100枚とかあって、こんな年の瀬なので気長に読んでやってください。1ページの読み込み量が半端ないのでスマホとかじゃ全部みれないかも。がんばってパソコンでみてもらえると幸いです。

ブログ

今年は17エントリー。昨年に比べて15エントリー減!半分じゃん!と思いきや、仕事的なブログはITmediaのオルタナティブ・ブログに書いているので・・・と思いきや、あっちのほうは9エントリーなので、三宿仁のアウトプットは確実に年々減っています。なんだろ、この年齢と反比例した感じ。んー、ちゃんと時間つくってとは思うものの、ダメだなぁーと年の瀬を感じながら物思いに耽ってました。

そんなこんなの2012年もいろんなことありました。2011年を3つのキーワードで語ると、アキレス腱を断裂して、転職して、結婚しました。と、初めての人は「なんだこいつ」的な感じだとは思いますが、いろいろあった2011年でした。こっちにまとめてますのでご覧ください。

と、2012年。とりあえず無事に結婚式を終えることができ、ご参加いただいた方々、祝福をいただきました方々、本当にありがとうございます。想像以上にやってよかったなぁーと思ってて、妻があれほどまでにも嬉しそうな顔をしていたので、ほんとやってよかったです。あと、両親も喜んでくれたので、親不孝な馬鹿野郎だったのですが、少しは親孝行できたのかなぁーと。

仕事のほうでも、ITmediaオルタナティブ・ブログ「That's the Way to GO!」での情報発信をはじめ、業界の方々から連絡をいただいたりするようになり、とても嬉しい限りです。私自身、広告業界にいるわけですが、システムがまったくのブラックボックスだなーと感じました。その仕組みを書くようにしたらグループ内外での結構評判がよくて、これからも書いていこうと思ってます。

今年のアクセス数ベスト3です。今年は端末IDの取り扱いにおける議論が業界団体、総務省なども行っており、アプリに組み込むSDKなるものに着目されはじめ、書いた記事にも注目していただき非常に嬉しい限りです。引き続き定期的なアウトプットをしていきたいと思います。

続きを読む: FREE STYLE / MISHUKU.net 2012年のまとめ

31 December

FREE STYLE / MISHUKU.net 2011年のまとめ

前からやってみてる1年間のまとめです。2011年三宿的にあったことベスト3とか、今年のベストショット100枚とかあって、こんな年の瀬なので気長に読んでやってください。

ブログ

今年は去年の倍弱の32エントリー。2010年は19エントリー・2009年は41エントリー・2008年は84エントリーと、落ちまくってた更新頻度からみると内容はともかく、まぁまぁ上がってきている感じ。で、今年からビジネス系の投稿はITmediaのオルタナティブ・ブログで書き始めました。ここで書いても全然影響力もへったくれもないので。まだまだ全然書けてなくてこれからだけど、プラットフォームとして使っていこうと試行錯誤中。

こんなエントリー数なのでランキング書いてもしょーがないので今年あったことを。振り返ってみると三宿仁としての生涯として語るに、この2011年はいろんなことが記載ができるだろう年でした。そんなこんだないろんなことベスト3を挙げてみます。年末だしね。最初はベスト10くらいにしてたんだけど、あれ?これをこう足したらこれとくっついて・・・みたいな感じでベスト3までにくっつかりました。要因的にそんなになかったんだねと振り返っって思ってました。

続きを読む: FREE STYLE / MISHUKU.net 2011年のまとめ

31 December

2009年 締めの一発。

昨年、ターニングポイントなんて書いてましたが、1年前は会社がなくなり無職でのスタート。だから“今年一年はなにか変わるはず・・・”確かそんなことを考えるまでもなく、そう思っていたんだとふと思う。他力本願ならぬ自力本願。お金がなくなったり生活がつまんなくなくなったら、なにかやるんだろうと。いい意味前向き思考。ポジティブですな。

まぁ、吸った揉んだあって、なんとか1年が経過。この1年間は、なんかじっと我慢の時期だったのかなぁと。

1月から、3月まではふらふらと就職活動しながらマラソンしてみたり、座禅してみたりと健康に気を使うというか、自分を見つめ直したりしてました。んでもって4月に今の会社に入社。なんか入社してから、時間過ぎるのものすごく早く感じるなー。

何回かブログにも書いてましたが、今の時点で3回くらい部署異動など転々としてました。ケータイ関連の会社なんだけど、その中の企画うんちゃら部ってとこで、オープンサイトなんかを中心にお仕事してます。担当しているサイトってものあって結構面白いのよ。詳しく書くと後々めんDOーそーなので、この辺で。

続きを読む: 2009年 締めの一発。

08 November

香車の田楽刺し

中学校からの友達でずいぶん前に起業したミッキー。
いろんな意味で“3”が好きならしく、会社の名前も“3”のエッセンスをちょっぴり入れたトロワデザイン(あん どぅー とろわ)。英語表記で書くと意外と難しいTROiSDESIGN

そんな代表の彼が群馬の先頭を切るといったらおかしいけど、「群馬大好き」を全開で進めてて正直うらやましーなーと。群馬美少女図鑑ってゆー、ローカルのフリーペーパーをこつこつとやってて、ここにきて各メディアに取り上げられたりと引っ張りだこらしいのね。

ほんとすごいなー。

続きを読む: 香車の田楽刺し

07 March

スタートアップベンチャーで必要だったこと

現在、エージェントさんを使った就職活動中でして、会うたび会うたび、以前の職種とかについて「どんなところが大変だった?」とか「どんなことがあったの?」とか、まだ企業面接に行く前の段階で、いろいろと説明したり聞かれたすることが多かったので、脳内整理も含めて文章にしてみたいと思います。

特に前職のベンチャーで働いた経験については、かなりの自己アピールになると思うし、自己分析とかの材料にもなると思うし、いいかなぁと。

まず、スタートアップベンチャーとは、ベンチャー企業が生まれたばかりの状態にあり、売り上げもあまりない状態で、個人投資家やベンチャーキャピタルといった、お金を出資してくれる方々に支えられながら、ビジネスをしていく会社のことで、2~3年でIPOやBuy outといったイグジットを目的としている会社です。大企業では実施しにくい創造的・革新的な経営を展開する中小企業を指すようです。

ちなみに、「ベンチャービジネス」という言葉は、日本ベンチャー学会によって創りだされた和製英語。なのでアメリカにいって「ベンチャービジネスやってるんだ」と言っても通じない場合が多いのです。

続きを読む: スタートアップベンチャーで必要だったこと

08 August

もう8月。そして1周年。

今月の1日(金)にやっと、うちの会社のサイトをリリースすることができました。

ここで言うことじゃないけど、協力していただいた方々に感謝の気持ちでいっぱいです。これから引き続き迷惑かけると思いますが、全力で頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。

今はリリース後の調整や、8月のお盆真っ只中に行われるニューヨークのイベントに向けて突っ走ってます。 はじめは時間もなくどうしようと不安でいっぱいでした(会社では言えないなぁ)が、なんとか兆しが見えてきました。前回のサンフランシスコで得たノウハウや、課題などを一つ一つ捉えながら、現時点で一番ベストなことをやってます。結果が全てといいますが、とても大事なことなんだぁと実感しつつ、次のニューヨークでどんな結果が残せるのかとても楽しみです。

続きを読む: もう8月。そして1周年。

14 June

ボクはチープ革命に少しの可能性を求めてもいいんじゃないかと思う

最近のニュースについて、バアーっと思ったことを書いてみる。

秋葉原の殺人事件における総務相の対応として数億円をかけて掲示板に書き込む内容を分析し、犯罪につながる情報を管理しようとしているのだ。そのソフト開発には少なくとも数億円。

犯罪予告検知のソフト開発へ=来年度予算で要求-通り魔事件受け増田総務相(時事通信) - Yahoo!ニュース

増田寛也総務相は11日、インターネット上の犯罪予告を検知できるソフトウエアの開発費を、来年度予算の概算要求に盛り込む方針を明らかにした。同日開かれた、東京・秋葉原の通り魔事件を受けた再発防止のための関係閣僚会議終了後、記者団に語った。
開発が検討されるソフトは言語技術を応用し、違法・有害情報の検出精度を向上させるもの。通常とは異なる急激な書き込みの増加や、自殺や殺人予告などの 言葉を使った議論の流れなどを分析し、犯罪につながるような情報を認知できるようにする。業界関係者によると、ソフト開発には少なくとも数億円の費用が掛 かるという。

続きを読む: ボクはチープ革命に少しの可能性を求めてもいいんじゃないかと思う

14 May

知らぬ間に金魚蜂で泳いでたみたいだ

人間って怖いもんで、知らぬ間に自分が変わっているということがあると思う。いや、ある。生活環境から職場の環境、毎日どんなことを考えるのかとか。

最近、ブログがめっきり書けなかった。今日何しましたってゆー日記なら書いてたけど、こう自分の思ったことというか、日常の考えの移り変わりなんかをまとめて書くことが前よりかは減っていたし、内容もつまんないものになってたと思う。

こんなことを思ったのは、「知らぬ間に型にはまってる自分がいた。」ということ。うちの会社は明日なくなってもおかしくないとんでもベンチャーです。小さくて、機動力あって、新しい発想が盛りだくさんの、金の札(だっけ?)何枚か集めてもらえるおもちゃの缶詰みたいな感じの会社がアメリカと日本にあります。

続きを読む: 知らぬ間に金魚蜂で泳いでたみたいだ

29 January

嵐の前の静けさ

今週はまぁまぁ早い時間に帰れてまして、夕飯は自分で作ったり、そのあとワイン飲みながら本読んだり、パソコンできたりとゆっくりとした時間が流れてる。とーーーっても幸せ。こーゆーのいーなぁなんて思いながらソファーに寝そべりながらパソコン広げてます。

自分を除く会社の人たちは、アメリカに行ってます。前言ってた向こうのイベントにね。「日本は任せておいてください!」と、自信たっぷりに言ったものの、お留守番ヒトリはちょっぴり淋しいっすわ。

続きを読む: 嵐の前の静けさ

20 December

人の可能性

7日間の出張だったが、前の出張のときみたいに朝から晩まで「仕事尽くし」ってな感じじゃなくって、なんだかゆっくり仕事できたし、楽しめた。楽しめたといっても観光とは違って、やる仕事はたくさんあって、そのやることの合間見て遊べた感じ。今回はアメリカでは初のレンタカーも用意してもらい、乗ることができたし、なんといってもレンタカーのおかげで、行動距離がうんと伸びた。地図があれば一人でどこでもいける感じがした。珍しいことに、道に1回も迷ってないんだ。一部では方向音痴のレッテルが貼られてるけど、アメリカのハイウェイだらけの道では迷わなかったんだ。

実は今回の出張6日目に、出張延長の話が出てたんです。前回・今回と自社でサービス開始するシステムのトレーニングをしてるんですが、どうしてもトレーニングの時間が足りないということで、もうちょっとやっていこうよ!って感じで。もうすぐシステムのリリース(サービス開始)が近づいているので、ちょっと心配になってたのかな。アメリカのオフィスには自分のようなシステムを担当している人がいないんです。英語もろくに喋れない自分が、日米のシステムを担当ってのもベンチャーならではです。

続きを読む: 人の可能性

07 February

NEXT STAGEへ

「どうも何か大きな変化の真っ只中にいるようだ。
 でも具体的に未来がどうなるのかはわからない。」

そんな環境下で、自分はどんな風に考えてどんなことをして
どう生きていくべきなのか。

限られた情報と、限られた能力で、限られた時間内に拙いながらも
何かを判断し続け、その判断に基づいてリスクをとって行動する。

行動することで新しい情報が生まれる。

行動するもの同士でそれらの情報が連鎖し、未来が創造される。
行動する者がいなければ生まれなかったはずの未来である。

未来志向の行動連鎖を引き起こす核となる精神。

今がそこそこ平穏なら変化などしたくもないと誰しもが思う。
「次の10年」に限って言えば、別に変化しなくても大丈夫だろう
という考えは多分正しい。

続きを読む: NEXT STAGEへ

28 January

ムーンライトえちごに乗って

金曜午後10時。
仕事を切り上げ、新宿に。

中央線ホームから1日に1回、夜(22:55~23:09)にしか見ることのできない
レトロな寝台特急「ムーンライトえちご」が待っている。

続きを読む: ムーンライトえちごに乗って

21 September

ヘミングウェイとマティーニな関係

   Never mistake motion for action
      (働くのと動くのを混同するな)
          ---アーネスト・ミラー・ヘミングウェイ


かの『老人と海』などで知られる、ノーベル賞受賞作家ヘミングウェイが残した言葉です。水商売のときに、オーナーから耳にタコができるほど聞かされた言葉でもあります。


企業(お店)は何のために存在するのか?

エリヤフ・ゴールドヤットの「ザ・ゴール」の中で、機械メーカーの工場長である主人公のアレックス・ロゴが、著者と目される恩師、ジョナから受けた最初の問いかけです。

ヘミングウェイの言葉と、水商売オーナー、ジョナの考えていることの一部は一致すると思うのです。

続きを読む: ヘミングウェイとマティーニな関係

13 September

FS Blog モバイル化

昨今のインターネット普及率が大きな右肩上がりになっている。 総務省から公表されている「情報通信白書2006」によると、日本のネット利用人口は8,529万人。 インターネットに接続するための利用端末では、PCの利用者が6,601万人。携帯電話やPHSなどの移動端末の利用者が6,923万人と、移動端末の利用者数がPCの利用者数を上回っている。

内訳では、PCと移動端末を併用しているユーザーが、4,862万人と大半を占めていた。

続きを読む: FS Blog モバイル化

28 June

情報漏洩とインターネットサービス

つい最近まで、"セキュリティ" と聞いて、まず思い浮かべるのが、
Winny・ShareといったP2Pのファイル共有ソフトだ。
大中小を問わず、パソコンを扱う企業ならば、なんらかのユーザへの警告や、
対策をとっているところは少なくないだろう。

MicrosoftのWebサイトでも、
イラスト付きでWinnyの仕組みからわかりやすく説明しており、
警告を促している。

そういった、「情報漏洩」の対策として、
ネットワークセキュリティをテーマとする「connect24th」の管理人
濱本 常義 氏は大きく3つの切り口を述べていた。

 (1)クライアントPCのセキュリティ対策
 (2)許可されていない不正端末の検知と排除
 (3)ネット経由の情報漏洩対策

注目すべきは、(3)のネット経由の情報漏洩だという。

最近では「ネット系サービス」が爆発的に増えている。
それが企業にとってのリスクになっているのだ。

続きを読む: 情報漏洩とインターネットサービス

15 June

生業と仕事とプロとアマと

昨日、ココリコミラクルタイプでリリーフランキーが仕事にことについて、ちょっと発言したことに響いた。

農業でいう田植えや稲刈りといった農作業は、暮らしを立てるためにすること(生業)であって仕事ではない。
農業でいう仕事とは、現在、田んぼでない新しい土地を耕したりすることで、今はお金(収穫)にならないことを仕事というんです。

だそうだ。
実家の農業なりたてパパさんに確認したいものだ。(関連記事


これって、農業以外にも置き換えることができんじゃないかなぁと書いてみました。
自分場合の生業と仕事。

続きを読む: 生業と仕事とプロとアマと

31 May

残業ビジネスマン

今週のR25の最後のページ。
石井 衣良さんとかが書いている「今日も、空は、青いか?」が好き。

やっぱプロが書くと、些細なことでも面白く書けるんだなぁーって。


テーマは、「残業大国ニッポン」という記事だった。
石井 衣良さんの周りの若者や、テレビ関係者などの残業の実態なんかかを題材に、面白い記事になっていた。



続きを読む: 残業ビジネスマン

11 May

do you think free?

 「ThinkFree Office Online」は,Word,Excel,PowerPointと互換性のある文書を閲覧・作成・編集できるWebアプリケーションである。ブログに文書を直接ポストできる。WebブラウザでPowerPointのプレゼンテーションを見ることができる。既存の文書をPDFに変換することもできる。30Mバイトのディスク・スペースが付いた基本アカウントが無料である。現在ベータ版が提供されている。ベータ版はWindows 2000/XPとInternet Explorer(IE)6.0以降で動作が確認されている。【IT PRO Tech

Web2.0。

このWebに対する可能性は、もはや無限大になってきている。
というか、ちょっと気を抜いただけで置いてかれちゃうほど、技術の進歩は目まぐるしく動いている。

でもって、このThinkFree Office Online。
ブラウザで、Word,Excel,PowerPointの文書を編集できるという代物。
もはやWeb2.0を駆使して、IT業界に革命すら感じられるものだ。


続きを読む: do you think free?

02 May

White Note


くぁー やっとひと段落。



最近、会社の説明会やら、選考会にと
人事的な仕事が増えてきてまして
通常の仕事もカブっておりまして
もーあたふたでした。



しっかし、最近のベンチャーを目指す学生さんは面白い。
今日も、グループディスカッションを聞いてたんだけど
個性溢れる豊かな発想が素晴らしい!



どんなに学歴があっても、知識があっても
"光る個性"ってのを持ってる人は
自分の個性を綺麗に光らせることができてる。


続きを読む: White Note

20 February

OSAKA FANTASY & TOKYO FANTASY

長かった。
水曜の夕方に大阪入りして3泊4日。

スーツ1着に
ワイシャツ1枚。
パンツ1枚に靴下1つ。

1泊2日の予定だった。


続きを読む: OSAKA FANTASY & TOKYO FANTASY

28 December

NOZOMI 160


大阪での2日間。
一言で言うと


「とても勉強になった。」


何本もの徹夜の中で
試行錯誤の上、データモデルを考え
システムを設計して、実際に開発した。

自分一人ではもちろんできなかった。
いろんな人に手伝ってもらい助けてもらい
一つの形にできた。

あのクソのようなパッケージのデータから
よくできたと思うばかり。

続きを読む: NOZOMI 160

02 December

IT is IT.

IT革命="イット革命"


"神の国発言"で一躍ヒーローになった
かの森 喜朗が放った迷言。


日本の経済を左右するであろう立場にいながら
IT革命(アイティ)を"イット革命"と表現するとはおそれいった。

続きを読む: IT is IT.

11 November

Sightseeing of Tears in KYOTO...

b4329c5c.jpg打ち合わせのため大阪に。

ある企業の部門管理ツールの案件を確定させるべき
セッション前日から上司と大阪に乗り込んだ。


当初の案件としては各支店ごとのあるデータを本部で統括し
レポートとして吐きだして各支店に配布
っといった具合な小規模な案件だ。
自分一人でも1人月もあれば十分、システムを組める。

事前に既存のシステムの設計書やら
目を通していたんだけど
これがまたパッケージをカスタムし過ぎてて
機能追加できないといった感じで起案されたらしい。

続きを読む: Sightseeing of Tears in KYOTO...