ワンダーフォーゲルの最近の記事

05 March

真っ白な烏帽子岳を目指して雪中登山

雪上キャンプもしたことだし、雪山登って温泉入ってお酒のみたいよね。ということで、長野県は烏帽子岳を目指してきました。

 

続きを読む: 真っ白な烏帽子岳を目指して雪中登山

31 December

FREE STYLE / MISHUKU.net 2015年のまとめ

かれこれ7年前からやってみてる1年間のまとめです。今年のベストショット的なお気に入りの写真をhuluのGOEMONみながらピックアップしてました。

昨年の2014年は、国内外いれて10の山に登ってましたが、今年は6つの山に。旅行でいうと北海道・沖縄・タイといろいろ行ってまして、お酒をたくさん飲みました。

あとなんといっても今年は狩猟を始めるべく、「猟銃所持許可(筆記)」と「狩猟免許」に合格しました。詳しく後で書こうと思いますが、「猟銃所持許可(実技)」に合格すれば晴れて実銃を手にすることができます。狩猟ですが、猟期が11/15〜2/15と決まっているため来年になりそうです。狩猟を始めよう!からざっと1年間。本当にやりたいという気持ちがないと難しい趣味だと思いました。銃砲店に立ち入るようになり、来年から射撃大会とか行こうと思ってます。いやー、楽しみ。

狩猟話を挟みましたが、そんな山とか酒のブログをアップしてまして、今年は19記事。昨年に比べると2記事ダウン。仕事関連のブログが全くなくなってます。そんなアクセスランキングトップ3です。

続きを読む: FREE STYLE / MISHUKU.net 2015年のまとめ

FREE STYLE / MISHUKU.net 2015年のまとめ(その2)

2015年まとめの続きです。

 

続きを読む: FREE STYLE / MISHUKU.net 2015年のまとめ(その2)

12 December

菅平高原から根子岳、冬の四阿山星空縦走記

2015年登り納めということで、雪のあるとこ行きたいよね。温泉入りたいよね。ということで、群馬と長野の県境にある四阿山(あずまやま)に行ってきました。アイゼンなしでも行けるかなぁと思ったんですが、凍っているところもあったので、アイゼンつけてゆっくり登山だったせいか、帰り道の2時間くらいは真っ黒なヘッドライト必須な星空登山となりました。雪山の夜は始めただったのですが、空気が澄んでて周りに光がないせいか、とても綺麗な星空が見えました。

 

続きを読む: 菅平高原から根子岳、冬の四阿山星空縦走記

19 September

日本武尊の東征伝説にちなむ上州武尊山。紅葉少し前の秋空登山

紅葉まで少し早かったのですが、嫁ちゃんが休みということで、群馬の武尊山(ほたかやま)に行ってきました。秋前なので花はほとんど咲いておらず、キノコだらけでした。ドングリも多く落ちていたのでイノシシの多いことでしょう。鹿もけっこういたので猟期になったら行ってみたいものです。

さて。登山の話。武尊山を目指したのですが、山頂付近の天候が悪そうで、前武尊から不動岳を縦走するコースに変更。相当な鎖場があって楽しかったです。

 

続きを読む: 日本武尊の東征伝説にちなむ上州武尊山。紅葉少し前の秋空登山

20 May

夫婦水入らず温泉登山 那須岳(茶臼岳〜三本槍岳〜朝日岳)縦走記

夫婦で本格的に登山を始めまして早2年。お互いの業種が全く違うため、休みがなかなかあわないので、今回は平日に行ってみました。行ってみて気づいたのですが、週末と違い登山道や宿泊施設の混み具合が全然違い、携帯の電波もない山奥でとてもゆっくりとした登山ができました。

今回は日本百名山「那須岳」。茶臼岳・朝日岳・三本槍岳を縦走するルートです。結果的に初日に茶臼岳を登って、車や電車で行くことのできない秘湯「三斗小屋温泉」で一泊して、翌日に朝日岳・三本槍岳を巡る縦走路です。

 

続きを読む: 夫婦水入らず温泉登山 那須岳(茶臼岳〜三本槍岳〜朝日岳)縦走記

18 April

山岳信仰が濃く残る雪解けの奥日光は日本百名山の「男体山」

夏に中禅寺湖でキャンプをするのですが、背中に見える男体山がそれはもう綺麗で、いつか登ってみたいなぁと、行ってきました。山岳信仰が濃く残る独立峰のような堂々とした山でした。

このWikipediaに乗ってるコースを登ってきました。

男体山の初登頂は782年(天応2年)に僧勝道上人によって成し遂げられた。この登山については僧空海の記した『性霊集』に詳細が述べられている。この時期の初登頂記録としては最も実証性があるものといわれる。

勝道は、「われもし山頂にいたらざれば、菩提にいたらず」、つまり山頂に達することが自分の悟りを開くと考え、前人未到の男体山への登頂を志した。また、釈迦が雪山で苦行をしたという前例から、あえて残雪期の登山を選んだ。勝道の登頂初挑戦は767年(神護景雲元年)4月上旬であったが、嵐にあって撤退を余儀なくされた。2回目は781年(天応元年)4月上旬、またしても悪天候により失敗した。そして翌年782年(天応2年)3月、48歳の勝道は今回こそはと意を決し、中禅寺湖畔で経を読むこと7日間、頂上へ踏み出した。湖畔から山頂まで1,200mの急坂、木々を掻き分け、残雪を踏み、途中2泊の野営を重ね、ついにその宿願を果たした。

 

帰りに湯元温泉に泊まって翌日は「江戸ワンダーランド(日光江戸村)」に。初めてだったんだけど思いの外楽しかったです。是非宿泊登山で栃木に行く場合、寄ってみてください。

続きを読む: 山岳信仰が濃く残る雪解けの奥日光は日本百名山の「男体山」

29 March

雪一色の赤城山 主峰「黒檜山」から「駒ヶ岳」へ縦走路

2014年の9月に嫁ちゃんといった赤城山。冬は初心者向けの雪山登山を楽しめるということで友達3人日帰りで行ってきました。本格的な登山は今年一発目。

コースは前と一緒で黒檜山登山口から黒檜山から駒ヶ岳の縦走です。雪が踏み固められてたからなのか、雪があったほうが登りやすかったです。

 

続きを読む: 雪一色の赤城山 主峰「黒檜山」から「駒ヶ岳」へ縦走路

01 February

謹賀新年 山口周防大島お正月帰省録

新年あけましておめでとうございます。

毎年恒例となってます年末年始の妻の実家帰省。カワハギに蟹に日本酒にと、贅沢三昧でした。それに伴い体重も見事に増加しまして、この右肩傾向のグラフを別のことで表現したい1年にしたいと思います。

さて、今年も登山というかハイキングというか山装備持って山口は周防大島へ。そんな写真日記的な感じで。

続きを読む: 謹賀新年 山口周防大島お正月帰省録

30 December

FREE STYLE / MISHUKU.net 2014年のまとめ

かれこれ6年前からやってみてる1年間のまとめです。今年のベストショット的な写真をhuluでレオン観ながらピックアップしました。どちらかというと1日中引き蘢って家でコーヒーでも淹れて、本を読んでいるほうが好きなのですが、暖かくなると外に出たがるため、今年1年を単語で表すとすると「登山」「サバゲー」「キャンプ」と、完全アウトドアになりました。

登山でいうと、1月に周防大島(文珠山、嘉納山、嵩山)縦走、4月に大菩薩嶺(大菩薩嶺、熊沢山)縦走、5月に静岡は日本平から久能山、6月に奥白根山、8月に尾瀬至仏山、9月に奥鬼怒の布引滝と、東北最高峰の燧ヶ岳(俎嵓・柴安嵓)と、群馬上毛三山の赤城山(黒檜山から駒ヶ岳)、10月に丹沢の大山、東南アジア最高峰のキナバル山はロウズ・ピークと国内外で10回も出かけてました。

そんな登山ブログをアップしてまして、今年は21記事。昨年に比べると3ポイントアップ。ただ、仕事のブログを全く書いていなかったのでアプトプットとすると、プライベートに偏った感じでした。なにげに今年の6月ころ、ブログCMSのMovableTypeとMySQLのバージョンアップと一緒にデザインもリニューアルしました。そんなアクセスランキングベスト3です。

続きを読む: FREE STYLE / MISHUKU.net 2014年のまとめ

FREE STYLE / MISHUKU.net 2014年のまとめ(その2)

2014年まとめの続きです。

続きを読む: FREE STYLE / MISHUKU.net 2014年のまとめ(その2)

26 October

東南アジア最高峰ボルネオ島は世界遺産キナバル山「ロウズ・ピーク」4,095mの頂へ

昨年に屋久島での夫婦キャンプ登山をしまして、年に一回はどっか遠くに行って旅行か山登りできたらいいね。と言っておりましたら、どこからか東南アジア最高峰がマネーシアのボルネオ島にあるよ。ということでイスラム圏のボルネオ島まで行ってきました。簡単にこのキナバル山をまとめるとこんな感じ。

  • 標高4,000mの空気の薄さは予想以上
  • 昇る太陽がほんとうにオレンジ色
  • 無駄なものは置いていけ。三脚とかまじ要らない
  • マシラウルートは行きに使うべき
  • 歩行時間だけでも21時間。いろいろ覚悟したほうがいい
  • 日本人はいない。本当にいない

世界遺産に登録されてからなのか、ガイド付きでないと入山できません。しかも入山規制があって1日150人しか入山できません。JTBなどのツアーがありますが、かなり高め。1人あたり20万とかします。が、個人でいろいろ頑張るとその半分ちょいで行けてリゾートホテルに泊まれます。三宿家はそれほど裕福ではなく、かつ冒険心豊かなため後者を選択。英語はほとんど話せないのですが、持ち前の勢いとよくわからないボディーラングレッジで行ってきました。

コースはこちら。

  

ティンポホンゲートからベッドのあるラバンラタで1泊して、キナバル山のロウズ・ピークへ。その後、マシラウルートで下山するというルート。そんな登山を写真で。

続きを読む: 東南アジア最高峰ボルネオ島は世界遺産キナバル山「ロウズ・ピーク」4,095mの頂へ

13 October

丹沢大山国定公園「大山」おっさん登山。三社御朱印巡りと酒と登山

三連休ということもあって日帰り登山でいいとこない?と、伊勢原にある「大山」に行ってきました。お寺も3つあるので御朱印もらいながらハイキング気分で行ったのですが、斜面がけっこう急で岩場もあり、それほどハイキングではなかったですが、とっても楽しかったです。

今回のルート。大山ケーブルバス停から女坂を抜けて大山寺。表参道を通って阿夫利神社の下社、そんでもって大山山頂(阿夫利神社の上社)です。帰りは見晴台から二重滝を通って阿夫利神社といった感じです。

 

そんな登山写真でプレイバック。

続きを読む: 丹沢大山国定公園「大山」おっさん登山。三社御朱印巡りと酒と登山

21 September

秋色模様の上州は赤城山 主峰「黒檜山」から「駒ヶ岳」へ夫婦縦走登山

4月の大菩薩領6月の奥白根7月の至仏山と、9月の燧ヶ岳と、今年で5つ目の日本百名山「赤城山」に夫婦で登ってきました。休憩いれて5時間ちょっとのトレッキング。

ルートは黒檜山登山口から黒檜山いって駒ヶ岳への縦走コースです。

 

そんな登山を写真でプレイバック。

続きを読む: 秋色模様の上州は赤城山 主峰「黒檜山」から「駒ヶ岳」へ夫婦縦走登山

08 September

東北最高峰 日本百名山は「燧ヶ岳」俎嵓・柴安嵓の双耳峰 縦走記

なんだかんだ今年だけで4つ目の日本百名山「燧ヶ岳」(ひうちがだけ)。4月の大菩薩領6月の奥白根7月の至仏山と、2,000mを超えると結構辛い登山になるんですが、そんな今回は登山初心者を連れてのアタック。とはいってもフルマラソン走ってるし体力は問題ないかと難しいルートで登ってきました。

続きを読む: 東北最高峰 日本百名山は「燧ヶ岳」俎嵓・柴安嵓の双耳峰 縦走記

06 September

苔のつくる幻想的な森を越えて関東一の落差を誇る秘瀑「布引の滝」へ

8月の中ごろに「布引の滝」へ行ってきました。「夏だから滝とか行きたくない?」と言ったところ「関東 滝 登山」で検索してでてきたのが、この「布引の滝」でした。

今回のトレッキングをまとめるとこんな感じ。

  • 麓から登山口までがめっちゃ時間かかる
  • 屋久島の苔むす森(もののけの森)のような苔の森がある
  • 滝めっちゃすごい。滝壺まではそれなりの覚悟が必要
  • 家康の里という謎めいた冒険心を煽るストーリーがある里
  • 泊まるなら大野屋。北関東のジビエはここで食べれる
続きを読む: 苔のつくる幻想的な森を越えて関東一の落差を誇る秘瀑「布引の滝」へ

02 August

蛇紋岩で形成される花の名山「至仏山」3度目のリベンジ・プッシュ!

昨年、尾瀬ヶ原でキャンプして至仏山を狙ってたのですが雨と予想以上の雪のため断念、「さぁ!気を改めて」と思って尾瀬に行ったものの雷雨と豪雨のため1日目は断念。翌日の観光プランを潰して3度目のトライでなんとか登ってきました。日本百名山 花の名山「至仏山」。

結論からいいますと、

  • 山の天気は女心
  • 地図と花の図鑑は持っていくべき
  • 自然保護区のため山中トイレがない
  • 下山して温泉に鹿肉で一杯やるのは最高
です。この時期、花がたくさん咲くのでオススメです。

そんな尾瀬ヶ原・至仏山を写真でアーカイブ。

続きを読む: 蛇紋岩で形成される花の名山「至仏山」3度目のリベンジ・プッシュ!

29 June

奥日光は成層火山・奥白根山 最高峰にある溶岩円頂丘へサミット・プッシュ

今年初めての2,000級登山。雪もなくなってきたし暖かくなってきたしということで栃木は奥日光の日光白根山にいってきました。天気予報とかで「寒い」だの「まだ雪がある」だので、勝手にアイゼンだの冬登山装備で行ってはみたものの、結果的に半袖でまったくもって問題なしといった感じでした。

続きを読む: 奥日光は成層火山・奥白根山 最高峰にある溶岩円頂丘へサミット・プッシュ

08 June

カナディアンカヌーを浮かべて満天星空 湖畔キャンプ

キャンプ好きの友達が栃木にいまして、この前Facebookで「自宅でカナディアンカヌーがみっかった」と呟いて、さっそく食いついてキャンプにいってきました。

その友達うっちーの家がキャンプ好きなもんで、カヌーをはじめ、ダッチオーブンからキャンプに必要な品々を用意してもらっておんぶに抱っこのキャンプでした。登山用だとどうしてもコンパクト&軽量な感じなので、湖畔キャンプともなるとちょっと大きめのものでゆっくり過ごしたいもの。さて、そんなキャンプをプレイバック。

続きを読む: カナディアンカヌーを浮かべて満天星空 湖畔キャンプ

11 May

BGW 2014:駿河は静岡 平成の次郎長物語〜日本平から久能山トレッキング〜

今年のGWはそんな連休もなく最終日の2日間、静岡の日本平に行ってきました。

もともとこの旅、長田という一緒に山登りを始めた山ガールがいまして、昨年の尾瀬キャンプ行ったときあたりに「今度、地元の静岡きてくださいよ」と社交辞令的に言ってたので、本当に夫婦揃って長田の実家に行ってきました。

こう、結婚の挨拶とかじゃない限り、シングルな女子の実家に泊まることないと思っていたのですが、この長田のご両親にとてもよくしていただき、毎年お歳暮とか贈らないとだなぁと思った次第で。いやはや、人と人のつながりはいいもんだなぁと思ったGWでした。と、写真でこんな旅を残しておきたいと思います。

続きを読む: BGW 2014:駿河は静岡 平成の次郎長物語〜日本平から久能山トレッキング〜

27 April

甲斐の国 甲州は奥秩父の大菩薩嶺から熊沢山を縦走。武田信玄の時代の軍神加護の「観音菩薩」を探せ!

年始から頑張って登ったものの、寒い時期は雪もあるし、そもそも動きたくないということで、暖かくなった4月のこの時期から本格的に登山活動を再開。今回は日本百名山のひとつ大菩薩嶺(だいぼさつれい)から横の熊沢山への縦走のルート。都内から近いかつ2000m級といえども簡単に登れることから人気の山のようです。

今回のルートはこれ。GPSロガーをヤマレコで読み込んでこんなものできるようです。Yahoo!のMapAPIすごいです。

この大菩薩嶺、武田信玄のお膝元であるこの土地柄から軍神加護の観音菩薩が祀られていることが名前の由来のひとつと言われてます(他にはこの山自体が観音菩薩に唱えられたりなんたり)。

で、今年の猛雪もあってまだ雪が残る道々を初のアイゼン使って登ってきました。アイゼンさんすごいです。どんなに凍った道もグイグイ進めちゃいます。

そんな登山活動を写真で。

続きを読む: 甲斐の国 甲州は奥秩父の大菩薩嶺から熊沢山を縦走。武田信玄の時代の軍神加護の「観音菩薩」を探せ!

14 January

謹賀新年!正月山口帰省&周防大島「文珠山」「嘉納山」「嵩山」縦走記

あけましておめでとうございます。今年もブログ更新をしっとりとやって行けたらと思います。

と、年末年始に妻の実家の周防大島(屋代島)にいってきました。もう瀬戸内海に浮かぶそこそこ大きい島で、TOKIOのやってるDASH島がすぐ脇にあったりします。

で、この周防大島。実は意外と山があるんです。一番高い山で加納山(684.9m)、次に文珠山(662.7m)、源明山(624.7m)、嵩山(だけさん 618.5m)といった感じ。特に嵩山は妻の実家から見えるのですが、とても見事な山立で、「いつか登ってみたいなぁ」なんて思ってたところ、昨年始めた登山により登山装備があるため、年末年始、酒ばっか飲んでてもあれだろうということで三つの山を縦走してきました。

続きを読む: 謹賀新年!正月山口帰省&周防大島「文珠山」「嘉納山」「嵩山」縦走記

30 December

FREE STYLE / MISHUKU.net 2013年のまとめ

かれこれ5年前からやってみてる1年間のまとめです。2013年のベストショット200枚とかあって、こんな年の瀬なので気長に読んでやってください。1ページの読み込み量が半端ないのでスマホとかじゃ全部みれないかも。がんばってパソコンでみてもらえると幸いです。

ブログ

今年は18エントリー。昨年に比べると1エントリー増。こっちのブログは完全にサバゲーと登山の思い出記録に振り切ってまして、仕事系のはITmediaのオルタナティブ・ブログに書いているため、「ブログみましたよ」って言われますと「どっちのですか?」と聞くようになりました。ちなみにオルタナティブ・ブログのほうは8エントリーだけど「いいね!」数やRT数、はてぶ数をみるとあっちが圧倒的にでかいメディアになってます。

こっちのブログのアクセス数ベスト3です。

第一位 太古の自然が残る屋久島 九州最高峰『宮之浦岳』縦走冒険記
第二位 年に一度のお祭りサバゲー『百姓一揆 22th 秋菊の陣』
第三位 岩佐真悠子 with 百姓一揆 ニコ生サバゲートーナメント優勝までの軌跡

サバゲーけかと思いきや屋久島行ったときのが多かったです。「1ページの写真掲載数が多くてページを開くのが重い」とかいろんな意見いただきますが、それはそれで(笑

ITmediaのオルタナティブ・ブログのアクセス数ベスト3。

第一位 リワード広告におけるCookieも端末IDも使わないFingerPrintを使った計測方法について
第二位 アプリの一般的な開発環境とゲーム開発プラットフォーム、広告会社に求められるSDKの対応について
第三位 海外リワード会社におけるIDFAの利用状況と、そもそもIDFAってなんだろう?

 旬だったDevice FingerPrint、IDFAがランクイン。意外に3rdPartyのまとめ系もはてぶ経由でのアクセスが多かったです。<

仕事系でいうと採用サイトや広報ブログに取り上げていただきました。アドテクスタジオ発足から一気にいろいろ加速し、ドラマティックな仕事となっております。来年も結果を残せるよう尽力します。
【社員インタビュー】Amebaリワード 技術責任者 三宿 仁|サイバーエージェント アドテクスタジオ 広報担当のブログ
AdTechSTUDIOエンジニア採用サイト | 株式会社サイバーエージェント

写真

何枚撮ったか数えるのがめんどいのですが、昨年より撮った数・公開した数は多いはず。だってベスト100選ぼうとして200枚くらいになったので、上半期・下半期に分けてみました。そんな2013年のベスト200です。たぶん200くらいあるだろう的な感じです。みてやってくださいな。

続きを読む: FREE STYLE / MISHUKU.net 2013年のまとめ

FREE STYLE / MISHUKU.net 2013年のまとめ(その2)

2013年まとめの続きです。

続きを読む: FREE STYLE / MISHUKU.net 2013年のまとめ(その2)

14 December

軽冬山装備で東京都は奥多摩『七ツ石山』。2013年最後のサミット・プッシュ!

早いもので登山を始めた2013年ももう終わりのようで、その"締め"にと近場の奥多摩に登ってきました。最初は東京都最高峰「雲取山」を目指していたのですが、ペース的に途中で断念。プラン変更で七ツ石山に登ってきました。といっても1,757mもあるそこそこの山で食事・休憩を除いて7時間くらいは歩いていました。

今回の登山をまとめるとこんな感じ。

  • 冬山登山は予想以上に疲れる
  • 「健脚で7時間半」とか書いてあっても10時間はみたほうがいい
  • 看板にキロ数書いてないので地図がめっちゃ必要
  • ニコニコレンタカーめっちゃ安い
  • 頂上で飲む珈琲めっちゃうまい
  • キノコ鍋めっちゃうまい

文章めんどいので写真で。

続きを読む: 軽冬山装備で東京都は奥多摩『七ツ石山』。2013年最後のサミット・プッシュ!

03 November

黄金色絨毯「尾瀬ケ原」紅葉狩りキャンプハイク

屋久島についで行ってみたかった紅葉シーズンの尾瀬。山道はそんなになく、尾瀬の湿原をハイキングした感じ。自然保護のための桟橋(ってゆーのかな?)をゆっくりゆっくり歩いてきました。

今回のキャンプハイキングをまとめると、
・10月になると雪がある。寒い。とても寒い
・フリースでは耐えられない。ダウン必要
・よってアヤメ平付近の紅葉は終わっていた
・よってウィスキーが水のように飲める

といった感じ。キャンプ地も標高1400m弱あるため1桁℃と凍える寒さ。持ち込んだワイン、ウィスキー、現地で調達した日本酒に、誕生日で持ってきてくれたシャンパンが見事に空になりまして、八甲田山ってすごかったんだろうなーと夜を明かした記憶があります。

で、今回のルートはこれ。

鳩待峠から尾瀬沼方面にはいかず、アヤメ平に向かい、見晴でテント泊、ほんとは至仏山を目指す予定だったんだけど、寒さと雨に心折れまして、尾瀬の湿原をハイキング。写真で進めるよ!

続きを読む: 黄金色絨毯「尾瀬ケ原」紅葉狩りキャンプハイク

28 September

太古の自然が残る屋久島 九州最高峰『宮之浦岳』縦走冒険記

5月の結婚記念日に妻とお互いの趣味として始めようと目標設定しました山登り&キャンプ。結婚記念日の翌日からAmezonなどで登山用具を買い揃えるようになり、6月の「高尾山〜陣馬山」縦走から見事に登山に目覚めまして、百姓一揆☆ワンダーフォーゲル部を結成し、月に2回は登山ショップに通い、週末の休みではない妻を置いてきぼりにしつつ、7月に美ヶ原「王ヶ頭」、8月に浅間烏帽子火山群「浅間山(前掛山)」を登ってきました。そして前週にトレーニングキャンプ。これも今回の屋久島「宮之浦岳」縦走のため。

でもって今回その屋久島。「宮之浦岳」縦走をまとめるとこんな感じ。

  1. 縦走するなら淀川登山口から登ったほうが後が楽
  2. 下が晴れてても上は行ってみなければわからない
  3. カメラ持って行くなら水対策をしっかり
  4. 登山する人だったら往路ではなく縦走が絶対いい
続きを読む: 太古の自然が残る屋久島 九州最高峰『宮之浦岳』縦走冒険記

18 September

鹿沼の河原でBBQに鱒の塩焼きと薫製なLOHASキャンプ

キャンプの経験は小学校のときからボーイスカウトで培いまして、おかげさまでナイフがあれば山に置いていかれても大丈夫な感じなのですが、いかんせん10年くらいのブランクがありまして、屋久島での登山とかを考えるとちょっと自然の中で夜を過ごしてみたいなぁと思っていたら、近くにキャンプ好きがいたので、おんぶに抱っこでキャンプやってもらいました。

そのキャンプ好きがうっちー。この前まで東京にいたんだけど家業を継ぐとかで今年に栃木にUターン。それはそれは頼りになる好青年であります。いろんな準備をゼロからしてもらい感謝。この日のキャンプを写真で紹介。

続きを読む: 鹿沼の河原でBBQに鱒の塩焼きと薫製なLOHASキャンプ

25 August

世界有数の複合活火山「浅間烏帽子火山群」。植物の限界領域から浅間山の頂へサミット・プッシュ

屋久島の白谷雲水挟〜縄文杉のコースで考えると最低でも8時間は歩かなければなく、しかもテントやシュラフ、食料とか20kg以上ある荷物と高温多湿の雨の中を歩くことを考えると、生半可な体力じゃまずいだろなーということで、ある程度歩くとこに行ってみたいなぁーと、関東がの誇るビックマウンテン「浅間山」に行ってきました。

昨年の規制緩和のおかげで浅間山の前掛山までいけるようになったようで、火山レベル(噴火しないぜ具合)は1のようですが、気象庁が「100年活動度または1万年活動度が特に高い活火山」として、ランクAの活火山に指定しちゃう感じのワクワク感が堪らなくそそられたため、この山に決定。

登山コースはこの地図にある「火山館コース」(6時間)か「黒斑コース」(8時間)で迷ったんだけど、朝の移動時間もあるので6時間の「火山館コース」に。この判断が後々、正しいものに。写真で紹介。

続きを読む: 世界有数の複合活火山「浅間烏帽子火山群」。植物の限界領域から浅間山の頂へサミット・プッシュ

28 July

原生林に轟く幻の「雄滝と雌滝」を探せ!信州は美ヶ原 日本百名山「王ヶ頭」 にサミット・プッシュ

9月の屋久島探検に向けて着実に装備やら気合いやら整ってきている感じなのですが、妻が美容師ということもあり、なかなか休みが合わないのですが、非常に理解のある人でして「友達と行ってきなよー」と言ってくれるもんで、近くの友達で登山部(百姓一揆☆ワンダーフォーゲル部)を結成し、長野の山を登ってきました。

ちなみに部のロゴはこれ。百姓一揆の後ろにいる鳥みたいのはワンダーフォーゲル運動のシンボル「ワンダーフォーゲル・グライフ(グリフォン)」なんだって。かっこよかったんで入れてみました。夢はこのTシャツ作ること。

と、群馬出身の自分としては、上毛三山の一つでもあり日本三大奇勝の一つでもある「妙義山」に行きたかったんだけど、部のメンバーにアナウンスしたところ「危険マークが多いので無理」と一蹴されまして、「だったら暑いし高原ハイキングな感じでいいかもね」と、ちょうどFacebookのタイムラインに流れていた美ヶ原高原に行こうぜと相成りました。

で、普通に高原ハイキングだけだとつまらないので、ちょっとアクセントがあってもいいのかもねと、ネットでいろいろ検索し「焼山ってとこから渓谷を眺めつつ美ヶ原高原に行けるよ」というWeb1.0的な魔法のiランド的なサイトを見つけまして、Google Mapで検索し、200mくらいの縮尺図をみて「あぁ行けそう」と判断。これが今回のトレッキングの大失敗のもとでした。

結論から申し上げますと、
・このコースは全然初心者向けじゃない
・渓谷あったけど眺めている余裕はあんまない
・往復で4時間半と見積もってたけど実際は片道6時間かかった
・長野の山を真剣に登るんだったら夜行バス使って朝から登れ
・熊がいる。本当に野生の熊がいる
といった感じでした。

写真で紹介。

続きを読む: 原生林に轟く幻の「雄滝と雌滝」を探せ!信州は美ヶ原 日本百名山「王ヶ頭」 にサミット・プッシュ

09 June

奥高尾 縦走路、ゼロからの高尾山〜陣馬山サミット・プッシュ

結婚記念日が5月22日でして、そんときちょっと手の混んだ手作り料理を拵えるのですが、それを食べながらの一コマで「今年はキャンプとかしたいね」と妻の発したふとした言葉が、小学生のころからやってるボーイスカウト魂に火をつけ、翌々週には大型のリュックやらトレッキングシューズやらを買いにいってました。

と、ボーイスカウトやってたときは月に2回とかキャンプしてて、横須賀基地とか九州の久住高原、オランダのどでかい高原とか、ボーイスカウトを通じていろんなキャンプを経験してて、社会人になってから「またキャンプしたいなー」と淡い期待はあったんだけど、こうなんというか踏ん切りがつかずというか、めんどくさくて動けなかったのですが、妻の一言で目覚めた感じです。はい、120%くらい盛ってます。

で、それからの派生なのか覚えてないけど、夏に屋久島に行こう!ということになって、だったらトレッキンググッズ揃えなきゃだよねーからリュックやトレッキングシューズとかシュラフ(寝袋)などを買い揃えて、この日に至りました。以前、登山は尾瀬 至仏山やら浅間・榛名・妙義とか関東近辺の山はある程度登っていたのですが、その当時の体力とかいまじゃ全然ないので、キャンプ道具をフル装備で20kgくらいを背負って高尾山から陣馬山の縦走路に行ってみました。

結論から申し上げますと
・登り道の「杖」大事。今度トレッキングステッキは買おう
・靴はめっちゃ大事、足首固定できるやつがいい
・陣馬山から麓のバス停までが一番の難所
・バス停脇の山下屋で陣馬そばは食っとけ
・荷物がなければ気持ちよくトレッキングできるはず
といった感じ。

この日のトレッキングを写真でレポート。ちなみに「サミット・プッシュ」は山頂を目指すって意味みたい。「アタック」とか使われてたんだけど国際的な表現としては古いって最近買った「登山の哲学」に書いてあったので意識的に使ってみました。

続きを読む: 奥高尾 縦走路、ゼロからの高尾山〜陣馬山サミット・プッシュ

31 December

FREE STYLE / MISHUKU.net 2012年のまとめ

前からやってみてる1年間のまとめです。2012年三宿的にあったことベスト3とか、今年のベストショット100枚とかあって、こんな年の瀬なので気長に読んでやってください。1ページの読み込み量が半端ないのでスマホとかじゃ全部みれないかも。がんばってパソコンでみてもらえると幸いです。

ブログ

今年は17エントリー。昨年に比べて15エントリー減!半分じゃん!と思いきや、仕事的なブログはITmediaのオルタナティブ・ブログに書いているので・・・と思いきや、あっちのほうは9エントリーなので、三宿仁のアウトプットは確実に年々減っています。なんだろ、この年齢と反比例した感じ。んー、ちゃんと時間つくってとは思うものの、ダメだなぁーと年の瀬を感じながら物思いに耽ってました。

そんなこんなの2012年もいろんなことありました。2011年を3つのキーワードで語ると、アキレス腱を断裂して、転職して、結婚しました。と、初めての人は「なんだこいつ」的な感じだとは思いますが、いろいろあった2011年でした。こっちにまとめてますのでご覧ください。

と、2012年。とりあえず無事に結婚式を終えることができ、ご参加いただいた方々、祝福をいただきました方々、本当にありがとうございます。想像以上にやってよかったなぁーと思ってて、妻があれほどまでにも嬉しそうな顔をしていたので、ほんとやってよかったです。あと、両親も喜んでくれたので、親不孝な馬鹿野郎だったのですが、少しは親孝行できたのかなぁーと。

仕事のほうでも、ITmediaオルタナティブ・ブログ「That's the Way to GO!」での情報発信をはじめ、業界の方々から連絡をいただいたりするようになり、とても嬉しい限りです。私自身、広告業界にいるわけですが、システムがまったくのブラックボックスだなーと感じました。その仕組みを書くようにしたらグループ内外での結構評判がよくて、これからも書いていこうと思ってます。

今年のアクセス数ベスト3です。今年は端末IDの取り扱いにおける議論が業界団体、総務省なども行っており、アプリに組み込むSDKなるものに着目されはじめ、書いた記事にも注目していただき非常に嬉しい限りです。引き続き定期的なアウトプットをしていきたいと思います。

続きを読む: FREE STYLE / MISHUKU.net 2012年のまとめ