« 西本家が東京にやってきた | ホーム | 真っ白な烏帽子岳を目指して雪中登山 »

18 February

我慢大会じゃないよ!冬の雪上キャンプ in 栃木

キャンプ好きな友達がいまして、とはいえキャンプシーズンまでまだまだ先だったんですが、なにを思い立ったか「雪上キャンプとか楽しそうじゃない?!」ということで、栃木は那須たかはらキャンプ場へ行ってきました。

キャンプ場には適度な雪が積もっており、陽の当たる場所は雪はなかったりしてました。テントをどこに設営しようか大人の維持と維持のぶつかり合いな1泊2日でした。

 

やってきました「那須たかはらキャンプ場」。雪が適度に残ってますね

管理棟で受付。オーナーの方が開口一番「この時期にキャンプするなんてあなたたちだけだよ」とのこと

おじさんAが「ここにしよう」と言いました。他の2人も「そうですね」と言いましたが大反対しました

目的はなんだと改めて設営場所探し。若干背中に不満やらなにかを感じました

「ここをキャンプ地とする」といった名言のもとテントの設営です

冷たいものはいらないんだけど、写真映えがよかったのでこんな感じに

とりあえずテントやら準備できました

シェフが料理してくれます。この一人用のコンロほしいなぁ

そのへんに落ちていた落ち葉をかき集め、カツヲのたたきを作りました。おじさんたちが楽しそうです

キャンプ地にはこの4人だけ

飲んでも温まらず、鍋を作ることにしました

猪肉を焼きました。ほどよい脂がいいですね

なんでも鍋。キャンプで食べたやつで一番美味しいやつ。この日からウインナーをまるっと入れることを覚えました

体幹を鍛える的な器具がありました

すぐに夜になりました

ストーブを持ってきてくれてまして、これがなかったら凍死していた気がします

肝試しをやりまして、近くの川原まで行ったのですが寒くて何もできなかったです

とにかく寒かったです。いろんなものを着ても食べても飲んでも暖まりません

夜は夜で風が強くうるさくてほとんど眠れませんでした。朝方ちらっと眠れたのですが寒くて目が覚めました

1日ずっと鍋を温め続け、それで命がつながったといったらオーバーですが鍋があるだけで精神的に安心でした

キャンプが日本一似合う車だと思います

いってみたかった温泉ということで連れてってもらいました。怪しさ満点の雰囲気

いろんな想いを巡らせながら中に入ります

中にはピラミッドに関係のないおそらくオーナーの趣味と思われるお宝ものが置いてありました

エジプトっぽい感じ

頭でっけーwとか言ってたんですが壁画を忠実に再現されてました。「3人の女性楽士」というようです

記念に撮ってもらいました

ここですが、いわゆるハッテン場でした。あまりお勧めできません。。。。

栃木そばでフィニッシュ

 

いやー、キャンプは楽し!

この日の写真:[ Facebookflickr

 

« 西本家が東京にやってきた | ホーム | 真っ白な烏帽子岳を目指して雪中登山 »