« サバゲーチーム百姓一揆 2016年 大新年会 | ホーム | 人生初の狩猟見学にいってきました »

24 February

河津桜咲く周防大島 帰省記

毎年お正月に妻の実家に帰省していたのですが、今年は連休も少なかったので、2月に連休をとって帰省してきました。

ゆっくり時間の流れる山口の1日1日は毎回とても新鮮で、かつ懐かしい時間でした。お酒も十分すぎるほど飲ませていただき、新鮮な鮮魚と一緒にたくさん食べました。

あと、今回、白黒写真とかにもチャレンジしてみました。下の方にあるんでみてください。

スターアライアンスでお世話になってるANAさん

錦帯橋空港から周防大島までの道中にある「川崎鮮魚神代店」でカワハギを買うので定番コース。今年もいい型の鮮魚がたくさん

でもって周防大島の隠れた名店「ラーメンたちばなや」で一杯のラーメンをすするのが三宿家コース

これがそのラーメン。なんとも言えない美味さがあります

でもって今回は餃子もオーダー。パリパリじゃないもっちりタイプ

お隣に山口のふるさと大使のミュージシャン兼漁師さんが海に潜って獲ったワカメとナマコを持ってきてくれました

ちょっとお散歩。サザエのふたで装飾されてました

こんな情報が。この本を買いました

戦車みたいななにか

味のある教会です

嫁ちゃんは昔ここでおもちゃを買ってもらったようです

食卓に並ぶカワハギの刺身。もちろん肝醤油でいただきます

なんの貝だっけかなぁ。ミル貝?これも刺身用にさばいてもらいました。コリコリ美味しかったです

気持ち良さそうな愛犬ハッピー

次の日は晴天でした

本土のフラワーランドに来てみました

こんな感じの広い敷地がございます

菜の花とミツバチ

両足に花粉をつけています

ちょっと遠すぎる記念撮影

嫁ちゃん撮影中

こんな写真が撮れました

まーしーがいました

記念撮影

久しぶりにパックンチョみつけました

1000円以上買った人を対象とした欄の抽選大会。見事当たりました

山口銀行だっけかな。そのビルを改装した町並みふるさと館。あとで入ります

後ろに車がでていたので隠してもらいました

囁き系の看板

でっていう

これがその雛飾り。立派でした

古い町並みでした

醤油の蔵があるというので行ってみました

中では醤油がつくられてました。醸されたー

なんでかわかんないけど家の隙間を撮ってみました

なんともいえない写真

ふれあい館いきました

その土地の古いものが置いてありました。昭和初期のオルガンです

ひな祭りが近いのか、たくさんの雛飾りがありました

定番の川崎鮮魚店で見定め中

帰りに川崎鮮魚店へ。いい感じのヒラメがいたので絞めてさばいてもらいます

その場でおろしてくれます

今日もハッピーが元気です

明日の朝が早いので早めに寝ます

この日はお義父さんとカサゴを狙った釣りにやってきました

船を走らせて10分くらいで周防大橋が見えました

カサゴにはきびなごを餌にするようです。水深40mくらいがカサゴの寝ぐらのようで

初めて釣ったカサゴ。大潮なのでめっちゃ船が揺れます

2匹一緒にかかりました。この時点で船酔いと寒さで体が限界

今日の漁果。たくさんとは言えませんが家族4人で食べるには十分な魚が釣れました

家の前には落書きが

水を汲みに山の中へ車を走らせました。弘法大師と関係のある水のようです

たくさん汲みました

大きさが伝わりませんが、とってもでっかいです。ちなみにここでiPhoneを落として表面が割れました

嵩山に登りました。スーパーマリオみたいになりました

ジャンプ力がない嫁ちゃん。頑張りました

撮り方を変えました

安下庄が一望できます。昔、戦艦大和も補給のためきたようです

みかんソフトクリームを買いました

晩ご飯まで時間があったので近所に散歩にいきました

ここから白黒写真。初めての試みでしたが我ながら結構よくできたと思います

周防大島 安下庄

散歩

ラーメンたちばなや

漁港道

歩く

嵩山

カモメ

散策

脂の乗った見事なヒラメ。もっちもちでした

ハッピーのおもちゃ。これとしか遊ばないようです

ドヤ顔ハッピー

最終日、河津桜をみにきました

地元の人が宴会してました

かわいい桜でした

親子桜

みかんを運ぶやつ

撮ってもらった1枚

なんのトリだっけかな。非狩猟鳥獣ということはわかるんだけどなぁ

正面写真。なんかおかしくなってました

30分くらい頑張って撮ったようです

夫婦

おうちに帰りました

岩国錦帯橋空港でひな祭りやってました。確か数年前も記念撮影しました

手を振ってくれました

ゆっくりした山口の帰省でした。

« サバゲーチーム百姓一揆 2016年 大新年会 | ホーム | 人生初の狩猟見学にいってきました »