« BGW 2015:藤香る栃木ぶらり途中下車の旅 | ホーム | カヌー×スコッチ×ダッチオーブン 大人の中禅寺湖キャンプ »

20 May

夫婦水入らず温泉登山 那須岳(茶臼岳〜三本槍岳〜朝日岳)縦走記

夫婦で本格的に登山を始めまして早2年。お互いの業種が全く違うため、休みがなかなかあわないので、今回は平日に行ってみました。行ってみて気づいたのですが、週末と違い登山道や宿泊施設の混み具合が全然違い、携帯の電波もない山奥でとてもゆっくりとした登山ができました。

今回は日本百名山「那須岳」。茶臼岳・朝日岳・三本槍岳を縦走するルートです。結果的に初日に茶臼岳を登って、車や電車で行くことのできない秘湯「三斗小屋温泉」で一泊して、翌日に朝日岳・三本槍岳を巡る縦走路です。

 

天気予報は雨。しょっぱなから霧に包まれてました

那須ロープウェイ山麓駅に到着です。この霧模様。不安しかないです

きちんと登山カードには記入しましょう

ロープウェイの中。なんかぶら下がってた

このように使うようです

ロープウェイのぼっていくと霧か雲が晴れてきて綺麗な雲海が見えました

山頂駅到着。予報は雨でしたがなんとか曇りになってくれました

記念撮影

雲海きれい

登って少し疲れて後ろを振り向くと少し楽になります

まず目指すは茶臼岳。温泉ありまくりです。硫黄が吹き出してます

でっかい岩。噴火したらここに集合しようとか話してました

雲海きれいでした

茶臼岳に到着です

落書き・・・と思ったら昭和15年とかあってちょっと感動してた

お釜口

山頂を目指す人みえた。この霧だと遭難してるようにもみえる

何も隠れるとこないときの落雷は最悪だろうなぁ・・

嫁ちゃんが変わった花を写してました

中学生くらいの団体とすれ違いました。賑やかでした

地面の色がここを起点として分かれてました。なんでだろう

真っ白です

なにか見えたようです

峠の茶屋に到着

ランチタイムです。トムヤムクンヌードルが最近のお気に入りです

このへんすごく風が強かったです。アウターを装着

こんな斜面が多かったです。一見なんともないけどサラサラで結構深いので落ちたらアリジゴク状態です

なにかのなにか

面白いほど真っ白でなんにも見えません

ちょっと霧が晴れました。ダケカンバ林のようです

昨日雨が降ったようで水滴が溜まってました

蜘蛛の巣

頑張って撮ってます

こんな花。オオカメノキと言うようです

峠の茶屋から三斗小屋温泉途中の避難小屋です

三斗小屋温泉では日帰り温泉とかやってなくて完全予約制なんです

残雪に山桜が綺麗に見えるポイントっぽい。ただ、見頃は過ぎてました

散った桜

これもオオカメノキ

ツツジ科のウラジロヨウラク(裏白瓔珞)

たぶん咲き始めのノウゴウイチゴ(能郷苺)。バラ科のようです

なにかの蕾

タチツボスミレ(立坪菫)

湧き水です。ほんとフツーの味でした

三斗小屋まで・・・え、11km・・・!?

小数点が落ちてました。山の11kmは相当なもんです

現在、温泉小屋は2軒しかありません

シノを装備しました

この辺にはクマがよく出るようで遭遇したとき用のトレーニング風景

ツツジ(躑躅)

松の新芽

平地が多くてつまらない様子です

三斗小屋温泉「煙草屋旅館」に到着

温泉が混じった水が流れるようで藻かなにかで緑色にみえます

もう一つの旅館の「大黒屋」

年季のはいった石碑

こんな感じの部屋です。旅館というより山小屋です。角部屋だったんですが襖を挟んで隣があります

煙草屋と大黒屋の特徴でいうと煙草屋には露天風呂があって大黒屋は部屋がゆったりとのこと。迷わず煙草屋を選択

こんな景色の露天風呂です。右に湧き出したそのままの源泉をいれて冷めたら左の浴槽に流れる仕組み

夜になると混浴なんですが夕方は男女で入れる時間が決まってます。女性客がいなかったので一緒に入らせてもらいました

1時間くらいゆっくり浸かってました

こんなシステム。ご飯は太鼓でお知らせしてくれます

質素な夕食ですが携帯も圏外、徒歩のみの旅館ゆえこれだけあればありがたいものです

麓で購入した日本酒。夕方から自然を見ながら一献

夜も星が出るまで露天風呂。一緒の旅館の人と話して時間を決めて貸切風呂にしてました。山にでっかい恐竜がみえました

消灯時間はなんと21時。電気が使えなくなります

消灯すると真っ黒なので星がめちゃきれいでした。右側に北斗七星

朝3時に出発です。女将さんがお見送りしてくれた。写ってないけど

ヘッドライトつけての久しぶり登山です

温泉神社がありました

なにやらただならぬ煙がでてました

温泉の源泉でした。めちゃ硫黄くさくて目に染みる刺激があります

ものすごい色の土でした

山桜の淡いピンクが綺麗でした

けっこうな斜面を登っていきます

隠居倉で休憩。旅館の女将にもらったバナナです

ご来光をみにきたのですが、なにやら外が明るいです

山桜

これ見た瞬間「あれ?月?」と思いましたが残念ながら太陽でした

アリジゴク斜面。一見周りが真っ白なんですが・・・

少し経つとこんな感じにぼやっと景色が見えてきて・・・

こんな感じに景色が見えてきます。これが怖いくらい綺麗なんです

目指す山はまだまだ先のようです

1900m地点

1900m峰から見える景色。手前が熊見曽根で奥が朝日岳

「朝日みたかったなぁ」の表情

左が三本槍岳で右が朝日岳

清水平にいく途中、ウグイスがめちゃ囀ってました

ピントが若干ずれたけどウグイス

鳥が綺麗に食べられてました

清水平を抜けて三本槍岳へ

福島の山々がみえました

三本槍岳到着

那須岳で一番高いところです

朝8時ころだったんですがお腹がすいたのでカップラーメン

山躑躅

歩いていると「なんでこんなに石があるんだろう?」って思います

かなりの急斜面

朝日岳に向かいます

朝日岳到着。茶臼岳をバックに記念撮影

見事な雲海でした

神々しい茶臼岳

いったときないけど火星っぽいねって話してました

なにか見えました

恵比寿大黒?

そういうことか恵比寿様と大黒様にみえるのか

雲海と嫁ちゃん

雲海を表現してくれました

なにかありました

トラバースしました。なんでもここ1週間で何人か落ちてるようです

落ちたらピッケルないと止まらないだろうなぁ

峠の茶屋に到着。晴れていたのでけっこう人がいました

無事下山

5月中旬のたんぽぽ

やっと駐車場到着

ここ最高によかった。全部木できてて年季の入った温泉でした

蕎麦屋。小洒落た感じのお店で美味しかったです。ちなみに嫁ちゃん大盛り

紫陽花。そろそろ梅雨だなぁ

関連リンク:
夫婦水入らず温泉登山 那須岳(茶臼岳〜三本槍岳〜朝日岳)縦走記 [ flickr

さて次はどんな山に登ろうかな。

« BGW 2015:藤香る栃木ぶらり途中下車の旅 | ホーム | カヌー×スコッチ×ダッチオーブン 大人の中禅寺湖キャンプ »