« 山岳信仰が濃く残る雪解けの奥日光は日本百名山の「男体山」 | ホーム | 夫婦水入らず温泉登山 那須岳(茶臼岳〜三本槍岳〜朝日岳)縦走記 »

05 May

BGW 2015:藤香る栃木ぶらり途中下車の旅

毎年連休はGWはけっこう無茶してたんですが、今年は嫁ちゃんの休みにあわせたゆっくりプラン。

ぶらり途中下車の旅とかいってプラン立てずにひとまず東武東上線に乗って、小川町ってとこの酒蔵と餃子屋に寄ってGWの気配すらない感じが大変素晴らしくって、「藤が満開です」とのことで八高線・両毛線で足利に移動して、すげー藤が咲き垂れてて、夜も見ようって盛り上がって、帰るのめんどくさくなって片っ端から電話したら桐生のホテルが空いてるというので初めての桐生ナイト。無駄と無計画をどう楽しめるかが旅行の醍醐味だと思うんです。

そんな連休の写真です。

ぶらり途中下車の旅ということで、この日は東武東上線に乗ってみます

乗り込みます

天気は上々です

先頭車両を陣取りました

小川駅に到着しました。事前情報ゼロです

八高線の時刻表です

東武東上線とJRの境目こんな感じ

衝撃の事実

まだ時間があるので近くの和紙物屋で名刺入れ買ってもらいました

酒蔵に来ました

純米吟醸のお米です。こんだけ磨かれるようです

GWっぽく鯉のぼりがいました

たんぽぽ

嫁ちゃんが水中を撮ったらしくヤゴが写ってました。TG−3いいです

嫁ちゃん

TG−3の顕微鏡モード

綺麗な花がありました

もつ煮込み屋に立ち寄ってチンカチンカのルービーにもつ煮

八高線に乗ります

高崎に着きました。藤が満開のようで両毛線で栃木の足利に向かいます

八高線もでしたが両毛線のドアは手動で開かれるようです

両毛線の富田駅に到着。足利フラワーパークにやってきました

藤がめちゃ咲いてました

一緒に撮りました

すごい迫力でした

なんかの花

花粉がものすごくてこの表情です

なんかの花その2

圧巻の藤。これ1本の木から咲いてるんです

繊細

別のアングルから

天気良くてよかったです

蜜蜂。ほんとに花粉を集めてるんだ

電車の旅のためお酒がぐいぐいいけます

栃木県指定天然記念物の大藤

ハイビスカスみたいだけどきっと違う日本的な花

実に立派でした

嫁ちゃん

撮ってもらいました。太ったなあー

ライトアップがあるというので夜まで待ってました

ライトアップがきれいでした

右上に一番星

黄色い花のトンネル

足利近くの桐生で一泊。近くの居酒屋にきました

一眼レフカメラを撮る図

口角レンズで撮った口角一眼

見事の満月でした

疑いの目

朝です。この人、桐生出身のようです

両毛線で高崎に向かいます

渡良瀬渓谷を渡ってます。昔この辺でキャンプしました

レンタカーを借りて群馬の山奥に向かう途中の定食屋に

この店でこのシーズン初めての冷やし中華なんだって。なんか嬉しかったです

上日野にある土と火の里公園に。GWになるとよくきてます

陶芸開始です

「いいんだよ、いいんだよ、適当につくってりゃ」の図

今回はお皿を作るようです

出来上がった三宿皿

醤油差しを作りました

帰り道なんかの井戸を見つけました

整備されてない山道を進みます

着きました

この辺の集落の飲料水のようです

恐る恐る開けると・・・

なんと一面水が張ってました。湧き出ているようです

遠くになにか見えました

いつかいった牛伏山

高崎に戻ってだるま発祥の地 少林山に

1000段くらいの階段を登りました

御朱印もらうには写経をしなければと本格的なとこでした。お坊さんから最近の御朱印の小言をいただきました

一番上の社

レンタカー返却してそろそろ帰ります

帰りは湘南新宿ライン

映画を見ながらビールで。楽しいGWでした

来年はどんなことして遊ぼうかな。

関連リンク:
2015 BGW 藤香る栃木ぶらり途中下車の旅 [ flickr

« 山岳信仰が濃く残る雪解けの奥日光は日本百名山の「男体山」 | ホーム | 夫婦水入らず温泉登山 那須岳(茶臼岳〜三本槍岳〜朝日岳)縦走記 »