« 厳冬期の北海道は知床・網走冒険記 | ホーム | 百姓一揆 26th 春爛漫の陣 »

29 March

雪一色の赤城山 主峰「黒檜山」から「駒ヶ岳」へ縦走路

2014年の9月に嫁ちゃんといった赤城山。冬は初心者向けの雪山登山を楽しめるということで友達3人日帰りで行ってきました。本格的な登山は今年一発目。

コースは前と一緒で黒檜山登山口から黒檜山から駒ヶ岳の縦走です。雪が踏み固められてたからなのか、雪があったほうが登りやすかったです。

 

出発の朝

群馬県に入りました。前橋付近でみつけた珍しい信号機

「凍ってるね」「うん。凍ってるね」のおっさん二人

赤城神社へお参りです

トイレまでの道が閉ざされてました

大沼が凍って雪がかぶさると白一面の雪模様でした

アイゼンとピッケル装着

ベテラン感のあるライスさん

不安しかない初心者ひろし ※ストックは借り物です

さて出発

序盤から雪が積もってました

雪が踏み固められててとても登りやすかったです

初めてのピッケル。少し長めのを買って腕が長いので心配してたけどちょうどよかったです

赤城湖が一望できます

山頂まであと半分といったところ

積雪1.5mといったところ

主峰「黒檜山」

昼食のため展望台に向かいます。こう見ると山頂はけっこう積もってるのね

空気が澄んでて見晴らしがよかったです。たぶん穂高岳かな。いつか行ってみたいなぁ

おっさんめし。このハム美味しかった

黒檜大明神。なにかの資料で麓の赤城神社と関係があるようなこと書いてた

向こうに見えるのが小沼

アイゼンのないひろしは下りが鬼門でした

シューズを変更するようです。ランニングシューズのように見えますが本人は登山靴と言い張ります

ピッケルを貸してあげました。この下り方がいいようです

これ持ってきました

こんな風に遊べます

最近コーヒーを飲むようになりました。漫画「岳」の影響かもしれません

「駒ケ岳」の看板。これ探して遭難しかけてたグループが前きたときいました

ちょっと外れると落っこちるけっこう危険な感じ

アイゼンも貸してあげました

階段も埋まってました

経験者あるある。アイゼンをつけたままの鉄階段は音が半端なくきつい

木の階段が助かります。だけど2年くらいで交換しなければって感じ

こういった岩も音がきつい

陽の当たらないところだと凍ってて滑ります

無事下山。

道の駅に併設されてる「富士見温泉」てとこにきました。赤城山おりてすぐのところにあります

海水源泉の珍しい温泉のようです。昔、海だったようです

宴会場がありました

帰りの運転権を放棄してお酒に走りました

関連リンク:赤城山は黒檜山から駒ヶ岳の雪山縦走[ flickr

さて次はどの山に登ろうかな。

« 厳冬期の北海道は知床・網走冒険記 | ホーム | 百姓一揆 26th 春爛漫の陣 »