« 謹賀新年 山口周防大島お正月帰省録 | ホーム | 厳冬期の北海道は知床・網走冒険記 »

11 February

みしゅく家 ブリしゃぶ鍋のススメ

今更ですが、今年に入ってカセットコンロを購入しました。電気鍋はあったのですが、量が多いので二人では食べきれないときが多く、食べ過ぎちゃうので冬のシーズンで1回か2回くらいだったんですが、小さな土鍋で食べれるもんで週に1回は鍋を食べてます。

いろんな鍋を食べてて、これは美味い!と感動したのが「ブリしゃぶ鍋」です。もうねブリしゃぶ鍋はレアの境地なんですよ。しゃぶしゃぶという個人の裁量に委ねられた料理方法に加え、おっさんになったせいなのか、ほんのりと香る薄い出汁に魚の脂がなんとも、まぁ美味しいんですよ。

30分もあれば作れちゃうし簡単ヘルシー料理です。鍋をつっつきながら、のんびりお酒を飲むのいいもんですよ。

用意するもの(2人前)

  • 刺身用のサク(今回は鯛・カンパチ・タコ)
  • 白菜 1/4本
  • 絹豆腐 1丁
  • えのき茸 1袋
  • セリ 1束
  • 大根 1/2本
  • 人参 1/4本

下ごしらえ用

  • 乾燥昆布 1切れ
  • 水 500ml

薬味

  • 柚子胡椒 適当
  • ワサビ 適当
  • カイワレ大根 適当
  • ポン酢 適当

こんな感じに安くなった刺身用のサクを用意。これまでの経験上この3つが最高に美味い

鰯(いわし)とか青身魚も試してみたのですが、臭みがでるのでイワシつくねとかにしたほうがよかったです。マグロやクジラもなんか違うなぁといった感じでした。

よく切れる包丁を用意しましょう

少し薄めに斜めに切ります。イメージ的には「面」が広い方が美味しいです

盛りつけるとこんな感じ。これで1,000円ちょっと

少し小さめの土鍋に水を500ml。水の状態から昆布を入れます

その合間に白菜を切っておきます。根元の幅は1cmもないくらいで葉っぱのほうは2cmくらい

セリは多めがいいです。根っこはもったいないけど捨てちゃってます。5cm幅に切っておきます

大根おろしを用意します。おろし汁は捨てないで使います。上の方が水分少なくていいみたい

沸騰させる直前に取り出します

こんな感じに野菜を盛りつけておきます

白菜・豆腐・えのき茸・人参を投入

お鍋には冷酒が合う気がします。超辛口のばくれんをチョイス。ぬか漬けのキュウリにスジコを酒の肴に

薬味を準備。青柚子胡椒と赤柚子胡椒がオススメ。カイワレ大根とかもよかったです

青唐辛子で作ったのが(一般的な)柚子胡椒なんだけど、赤唐辛子で作ったのが赤柚子胡椒。青より辛さ・しょっぱさが抑えめなので、薄味の鍋には最適です。ワサビは普通に刺身で食べるために。

沸騰したら大根おろしを絞って乗せます。おろし汁は足し汁として使うとGoodです

こんな感じにセリを乗っけます

ここでガスコンロを準備。こいつのおかげで冬の料理が鍋一色になりました

セットします

煮立ってきたらセリを崩してしゃぶしゃぶ開始です

こんな感じに野菜と大根おろしをレアな肴と一緒にポン酢で食べるのが最高に美味しいです

シメにラーメンとかうどんとかオススメです。薄味なので、醤油・白ダシを適当に加えて煮込んでみましょう。

是非お試しくださいな。

« 謹賀新年 山口周防大島お正月帰省録 | ホーム | 厳冬期の北海道は知床・網走冒険記 »