« 東南アジア最高峰ボルネオ島は世界遺産キナバル山「ロウズ・ピーク」4,095mの頂へ | ホーム | 百姓一揆 25th 箕祭の陣〜PERFECT CAMP〜 in Garden »

08 November

ボルネオ島&シンガポール ハードアジア観光記

ちょっと遅めの夏休みにキナバル山登るためにマレーシア ボルネオ島に行ってきました。登山ブログはこっち。今回は観光編ブログ。

観光した都市はマレーシアサバ州とシンガポール。Unitedのマイルをコツコツ貯めてるんだけど、日本からボルネオ島までの直行便がUnitedの提携しているスターアライアンスではなく、シンガポールまで行って、そこからはAirASIAを使ってリーズナブルプラン。

HISとかでキナバル山のツアーがあるんだけど、自分たちでエアチケット、ホテル、キナバル山のガイドを手配すると1/3は節約できます。ホテルの予約はBooking.comめっちゃ便利。マークシティに日本支社あるけどお礼いいに行きたいくらい。

そんな観光記を写真で。

10/15 日本→シンガポール→ボルネオ島

パスポートの名字が旧名になっててトラブルから開始された旅行でした

無事飛び立てました

ピーナッツを映してほしいようです。ちなみにiPadでオーシャンズ11視聴中

飛行機の座席についてるやつで東京観光の見所を調べてたら渋谷がカオスだった

シンガポール空港からAirASIAへトランジット。荷物ケースの重量がぎりぎり

時間がなく駆け足の写真

コタキナバル行きなんとか間に合いました

オーシャンズ12になりました

17時ころマレーシアはボルネオ島コタキナバル空港に到着

滑走路おりてすぐに税関

無事到着。でっかいケースに登山リュックとか全部詰め込みました

タクシーは事前で空港内でお金を支払って移動します。メーターがないので直乗りは不安がいっぱい

4つ星ホテル「Sutera Harbour Resort」を予約。ここまで来れたのが奇跡

クイーンサイズのベットを用意してもらいました。目の前はオーシャンビュー

バーラウンジで誕生日祝い。35歳になりました

10/16〜17 キナバル山へ登山

こっちでまとめてます。

東南アジア最高峰ボルネオ島は世界遺産キナバル山「ロウズ・ピーク」4,095mの頂へ https://mishuku.net/archives/2014/10/4095m.php

  

  

10/17 キナバル山から下山

登山から帰ってマレーシアで初めてのちゃんとした料理。ホテルに併設されてる中華料理です

プールバーで明日のコタキナバル観光の作戦会議

10/18 コタキナバル観光

ホテルの朝食。めちゃ美味しかった

コタキナバル市内にでてきました

日本料理やもありました。なぜに長崎なんだろう?

思った以上にきれいでした

かわいい子犬いた。すっごく懐いてた

探り探りの観光です

ジャングルを抜けると市内が一望できる展望台があるようです

昨日の登山の筋肉痛がMAXに残ってましてこんな階段でもひーひーいいながらでした

15分くらいかけて登ってきました

自撮りカメラと口角レンズの併用でこんな感じに撮れます

ねこさんいました

汗びっしょりです

登りより下りのほうが筋肉に響くことがわかりました

若者がいるようです

撮ってもらいました

街で一番のショッピングセンターのようです

ダイソーもありました。RM5(150円)均一なので日本より少し高め。並んでる製品は日本でも売ってるものでした

日光でおなじみのキャラクターがパクられてました

お昼に差し掛かり食事処を探してます

空が綺麗でした

肉の解体をしてました。マーケットが近いようです

港も近いようです。ちなみに小型の船が「乗るか?乗るか?」とこま目に誘ってきます

市場に来ました。周りをみても観光客はいませんでした

カラフル

イカの発酵したなにか。めちゃ臭かった

真ん中の長細いのが(多分)クジラの精巣

ココナッツを削って売ってました

牛肉です

隣のマーケットに移動です

飛行機が飛んでました

よくわからないお土産がたくさん

男の人がミシンでスーツとか縫ってました

食があわないのかニキビができました

このくらいの通りだと横断歩道とか細かいのはないです

めちゃリアルなバイク。きっとKAWASAKIあたり

インド料理屋にきました。中華・インドとアジアの料理が多かったです

頼んだ料理。ビールとナンを多く頼みすぎました

美味しいようです

ここです。「North Indian Restaurant」。入るのに若干の勇気が要ります

ヤシの木ショット

ココナッツを飲んできました。ほのかに甘い水でした。スプーンで中を削って食べることもできます

向かいに島があって観光用のキャッチをしてるエビちゃん。

ビーチリゾートで有名なマヌカン島までいく観光ありますがすげー普通です。地元の空気感を楽しみたい場合、こういった小さい観光船でジャヤ島まで行くことをお勧めします(交渉すればそれなりに安くなるけどRM150(4500円)くらいまとめて払ってしまえばボートを貸し切った水上観光ができました)。アイランドリゾートとして整備されてますが、裏側の水上に家が並ぶところは行ったら見るべきです。夫婦揃ってこのボート観光がこの市内観光で一番思い出に残っていることです。

この船をチャーターしました。アドベンチャーボートとかいってエビちゃんと盛り上がってた

出発です

名前なんだっけな。。感じのいいおにいさんでした

マヌカン島到着。降りることなく見てるだけ

そらきれい

やってきたジャヤ島。生活感が半端ない

通るところ通るところで手を振ってくれました

もう嬉しくてずっと手を降ってました

横にボートが横切って転覆するかと思いました

どこかのご自宅に停泊してまた。なんでもこのボートの船頭さんの家のようでした

30分くらいのアドベンチャーボートツアーでした

お土産購入中。カートの形に興奮中

ホテルに着きました。ボルネオ島では夕日が綺麗とのことで夕日撮影会をします

これがその夕日。見事すぎて涙が出ました。ちなみにiPhoneで撮影。下に写ってるのがNikon

Nikon D700。ボートがこれぞとばかりにいい感じ

大好きなパノラマ写真

夕日が沈んで10分くらい経ってたらこんなにも赤くなってた

着替えてプールサイドに。この1分後、雷がやってきて入泳禁止に。。

なので市内のナイトマーケットにやってきました。日本人とわかると「キロロスキ!」と言ってました

焼き魚がこれぞとばかりに売ってた

でかいエビとワタリガニを買いました

謎の液体をつけるようです。ちょっと辛かった

ものすごいアウェイ感がある感じ。観光客はほとんどいませんでした

「撮っていい?」と聞くと軽くうなずいてキメ顔してくれた

生魚がいい臭いを醸し出してました

2店舗目。トムヤムクンスープを頼んだはずがチャーハン2つきた

めっちゃ燃やしてた。ここの焼き鳥美味しかった

イスラム圏のためなのかナイトマーケットではお酒は売ってません。ちょっとした地元の食堂でもないので、お酒好きの人はホテルで飲むのがいいと思います。道ばたでビールとか飲んでると嫌な顔されるとかあるみたいなのでご注意を。

ホテルに戻ってバータイム。モヒート!

オーシャンズ11をみてジョニーデップみたくウィスキー&ウィスキーを頼もうとした

生演奏のシンガーとピアノ、コントラバスの演奏家がいました

エレベータ内部。ほろ酔い気分

KERUAR=非常口

10/19 コタキナバル→シンガポール

ホテルの朝食。昨日と同じ場所で

ホテル周辺をお散歩

魚がたくさんいました

今回泊まったホテル。いいところだったなぁ

まだ時間があるのでモヒートタイム

コタキナバル空港で美味しいマレーシア料理に巡り会えた

なかなか市内にヌードルがなかったのでこれは嬉しかった

シンガポールに向かいます

なんかいました

到着後、問題発生。マレーシアリンギットとシンガポールドルのコインが混ざってしまいました

新しい地下トンネルのようです。ジェットファンマニアには溜まらないストレートでした

えらくサービス精神旺盛なドライバーでした。このトンネルは昨年できたばかりで綺麗だから写真を撮っておけ!とかいろいろアドバイスくれました。しかも車種はベンツのEクラスで初乗り500円くらい。

セントーサ島にホテルをとりました

チェックインしてナイトサファリへ

20周年記念のようです

日本観光客も多く日本語がちらほら聞こえてくるようでこの安心感

トラムに乗って園内観光。ゾウさん

ブレすぎて100枚ちかく撮ったけどなかなかうまく撮れなかった

撮ってもらった写真。日本語トラムに乗ったら高齢者の方ばかりでテンションに開きがありすぎた

シンガポールで一番高いバーラウンジ「1 Altitude」へ。ワンドリングで一人4,000円近くかかりました

市内が一望できました

嫁ちゃんがやけに興奮してると思ったらF1のコースだったのね。いつかレース見てみたい

タクシー捕まえて実際のコースを走ってもらいました。すげー興奮した

ホテルに帰ってもこの状態

10/20 シンガポール観光

世界三大がっかりのマーライオンさんを見に来ました

一応撮っておきました

観光地あるある。暑くてクオリティ低し

マーライオンの後ろはものすごい都会

都心部にきてみた。新宿をかなり綺麗にした感じ。マジでゴミが落ちてない

ビジネス街にあるフードコートにきました

アジアン系の料理がたくさん売ってた。選んだのは中華になるのかな。シンガポール物価高い

鳥もきてた

セントーサ島にあるでっかいマーライオン見に来た

無駄に大きかった

かわいいのもいました

うーん。。なんか違う

早いものでもう空港。印象的だったのは出国手続きのあととかにFBする機械がいたるとこにあった

空港内で買い物するとくじ引きできるみたいで挑戦。はずれでした

マッサージチェアがあって自由にマッサージ。筋肉痛の状態では辛かったけどすげー気持ちよかった

バイバイシンガポール

飛行機内でマティーニ3杯飲んだ。すげー美味かったこと覚えてる

次はどんな旅行に行こうかな。

関連リンク:ボルネオ島&シンガポール ハードアジア観光記[ flickr

« 東南アジア最高峰ボルネオ島は世界遺産キナバル山「ロウズ・ピーク」4,095mの頂へ | ホーム | 百姓一揆 25th 箕祭の陣〜PERFECT CAMP〜 in Garden »