« 秋色模様の上州は赤城山 主峰「黒檜山」から「駒ヶ岳」へ夫婦縦走登山 | ホーム | 東南アジア最高峰ボルネオ島は世界遺産キナバル山「ロウズ・ピーク」4,095mの頂へ »

13 October

丹沢大山国定公園「大山」おっさん登山。三社御朱印巡りと酒と登山

三連休ということもあって日帰り登山でいいとこない?と、伊勢原にある「大山」に行ってきました。お寺も3つあるので御朱印もらいながらハイキング気分で行ったのですが、斜面がけっこう急で岩場もあり、それほどハイキングではなかったですが、とっても楽しかったです。

今回のルート。大山ケーブルバス停から女坂を抜けて大山寺。表参道を通って阿夫利神社の下社、そんでもって大山山頂(阿夫利神社の上社)です。帰りは見晴台から二重滝を通って阿夫利神社といった感じです。

 

そんな登山写真でプレイバック。

今回登山初参加のヤス。靴は買ったようです

伊勢原駅に到着。新宿から1時間20分くらい

登山のルート確認中。バス混んでたので駅から大山ケーブル駅までタクシーで移動。3,000円弱でいけました

人の賑わう大山ケーブル駅のふもとに到着。コマが有名なようです

9時30分ころから登山開始。1,000mくらいを登っていきます

登山口まで商店街みたいなところを抜けていきます

大山ケーブル駅は人でごった返してました。目的の大山寺に途中で下車できるみたいですが登山なので登ることに

今回の登山メンバーの4人。脂の越えたアラフォー4人組です。女坂のルートを選択

朝顔咲いてた

爪切り地蔵さんおりました。一夜にして爪だけで仕上げたようです

こういったことらしいです

大山寺に到着

童子に蜘蛛がいい感じにかかってた。そういえばこの辺、蜘蛛が多かったなぁ

大山寺の御朱印

「かわらけ投げ」なるものやってました。ここからなにか投げるようです

あそこの輪っかに何かを投げて通すようです

これが「かわらけ」のようです。200円で2枚いただけます。ちなみに素焼きのようです

こんな感じに投げ始めます

なかなかうまく通らない

オーバースローな力技でもだめでした

まさかの成功した清

通ったことを申請するとコマトラップがもらえるようです

変わったお地蔵さんに納太刀というのがたくさん納められてた

芭蕉がここで一句したみたい

ちょいちょい七不思議と銘打って無理やり七不思議にしようとする大人の嫌なところを見た感じがしました

登山道を脇目にケーブルカーが登っていきました。満員でした

これを登りきるともうすぐで阿夫利神社

男坂より女坂のほうがきついようでした

阿夫利神社のふもとに到着。ケーブルカーで上ってきた観光客がたくさんいました

これがその阿夫利神社。下社と上社というのがあってここが下社。大山の頂上に上社があります

これが阿夫利神社の御朱印

神社の脇かわ水が湧いているようです

飲料水として飲めるようです

神社の下を回ってみれました

銅像があったらモノマネ。観光地あるある

セルフのお祓いができました

登山っぽくなってきました。野生の鹿がいるようです

倒れた木が朽ちてました

大山夫婦杉。登山初めてわかったんだけど2本の杉が重なっているとどれも夫婦杉として祀られます

紅葉はもうすぐ先のようです

ここから富士山が綺麗に見えるようです。さて富士山は・・・

残念ながら曇天模様でした

味のあるお地蔵さん

ヤスっさんがストレッチ中。初めてなのにけっこうな山で心配だったけどだいじょうぶな感じ

3時間で1,000mくらい登ってきました。けっこうな急斜面でした

こんな石碑があって頂上まで30丁目(だっけかな?)くらいまでありました

立派な銅の鳥居がありました

大山頂上の阿夫利神社 上社に到着です

これがその神社。なんとここでは御朱印がもらえないようです。。登り途中にあった下社で上社分をもらえるようです

いったん登頂写真

持ち込んだビールで乾杯

チゲ鍋にも初挑戦。カップラーメンよりも生麺の美味しさが溜まらなくよかったです

1,200mちょっとで酒盛りしてました

さて見晴台ルートで下山します

頂上付近は鹿除けネットがたくさん張られてました

陽があたらないルートなので空気が冷たく上着が必要でした

たぶん外からみるとこの辺が肩の箇所になるようです

ちょっぴり澄んできました。右下にあるのが阿夫利神社の下社です

水を溜めるのか樹液をとるのかなんかを溜める装置があった

杉を植林しているようです。至るところにありました

大山をバックにコーヒーブレイク

この辺には熊がでるようです

滑落者がでるようで山道にはワイヤーが張ってありました

ここにも熊がいた

二重滝に到着

これが二重滝。2つに分かれているようです

阿夫利神社の下社に到着。上社の御朱印をもらいにいってきます

左側が上社の御朱印。判子とかいろいろ違います

休憩処で一服

豆腐アイスを買いました。ほのかな甘さが美味しかったです

帰りはケーブルカーで下ります

懐かしい機械がありました

切符を購入。片道470円です

けっこうな急斜面を下るようです

ボケちゃったけどGoal地点の時計。入山から7時間30分くらいでした

鶴巻温泉に寄って帰りは小田急線で一直線。帰りのホームは家出少年状態

新宿に帰って思い出横町で飲んだんだけど、これが今日の最後の写真

関連リンク:丹沢大山国定公園「大山」おっさん登山。
三社御朱印巡りと酒と登山[ flickr

さて次はどの山に登ろうかな。

« 秋色模様の上州は赤城山 主峰「黒檜山」から「駒ヶ岳」へ夫婦縦走登山 | ホーム | 東南アジア最高峰ボルネオ島は世界遺産キナバル山「ロウズ・ピーク」4,095mの頂へ »