2013年7月アーカイブ

28 July

原生林に轟く幻の「雄滝と雌滝」を探せ!信州は美ヶ原 日本百名山「王ヶ頭」 にサミット・プッシュ

9月の屋久島探検に向けて着実に装備やら気合いやら整ってきている感じなのですが、妻が美容師ということもあり、なかなか休みが合わないのですが、非常に理解のある人でして「友達と行ってきなよー」と言ってくれるもんで、近くの友達で登山部(百姓一揆☆ワンダーフォーゲル部)を結成し、長野の山を登ってきました。

ちなみに部のロゴはこれ。百姓一揆の後ろにいる鳥みたいのはワンダーフォーゲル運動のシンボル「ワンダーフォーゲル・グライフ(グリフォン)」なんだって。かっこよかったんで入れてみました。夢はこのTシャツ作ること。

と、群馬出身の自分としては、上毛三山の一つでもあり日本三大奇勝の一つでもある「妙義山」に行きたかったんだけど、部のメンバーにアナウンスしたところ「危険マークが多いので無理」と一蹴されまして、「だったら暑いし高原ハイキングな感じでいいかもね」と、ちょうどFacebookのタイムラインに流れていた美ヶ原高原に行こうぜと相成りました。

で、普通に高原ハイキングだけだとつまらないので、ちょっとアクセントがあってもいいのかもねと、ネットでいろいろ検索し「焼山ってとこから渓谷を眺めつつ美ヶ原高原に行けるよ」というWeb1.0的な魔法のiランド的なサイトを見つけまして、Google Mapで検索し、200mくらいの縮尺図をみて「あぁ行けそう」と判断。これが今回のトレッキングの大失敗のもとでした。

結論から申し上げますと、
・このコースは全然初心者向けじゃない
・渓谷あったけど眺めている余裕はあんまない
・往復で4時間半と見積もってたけど実際は片道6時間かかった
・長野の山を真剣に登るんだったら夜行バス使って朝から登れ
・熊がいる。本当に野生の熊がいる
といった感じでした。

写真で紹介。

続きを読む: 原生林に轟く幻の「雄滝と雌滝」を探せ!信州は美ヶ原 日本百名山「王ヶ頭」 にサミット・プッシュ

07 July

百姓一揆 20th 向暑の陣 "PERFECT CAMP"

ピーターパンシンドローム(成長拒否症候群)比率の高いメンバーが集う百姓一揆でありますが、今年で10年目と相成りまして、東京・茨城メンバーでの公式定例戦も今回で20回目にて候。雨天中止の号令ない奇跡的な会合となりつつありまして、そろそろ茨城のギネスブックにでも申請できるんじゃないかと考えてます。

で、昨年に引き続き今年もやりました『PERFECT CAMP』。Rise.Secret.Camp.というサバゲーフィールドオーナー全面協力ものと、フィールドにテントを設営し、BBQしながら向暑の夜を楽しみ、お酒という成長拒否症候群のガソリンを蓄え飲み交わし、そのまま翌日サバゲーやっちゃおう企画です。

5kgくらいの肉のかたまりをダッチオーブンでローストビーフにしたり、持ち込みのスペアリブでBBQしたりキャンプカレー作ったり、持ち込んだ酒の量が明らかに参加者の総数を超える瓶の数だったりと、ハングオーバー確実なキャンプに加え、翌日の絶好のサバゲー日和で日中の最高気温も36℃と、血液が沸騰しそうな感じでサバゲーが執り行われ、前日のお酒も残ってて「二日酔いで歩けません」とか「ちょっと吐いてきます」みたいな、そんな感じのサバゲーでした。

これまで「おれって20代かも?」と思っていたピーターパン各位、熱中症で次々とダウンし「あぁ年齢には勝てなかったんだ」と再認識したようで。

でもこう20回もやってると結婚やら出産やらいろいろあって集まれるっていいね。そんなこんなを写真で紹介。

続きを読む: 百姓一揆 20th 向暑の陣 "PERFECT CAMP"