« 一世一代のビックイベント「結婚式」なるものを体験しました | ホーム | ボーイズ ビー なんとか。今年も行ってきた社員旅行! »

28 October

NETTAI-GYO はじめました

今の家に引っ越してもうすぐ2年目になるんだけど、引っ越してきた当時、近所に熱帯魚屋さんがあって「いつか熱帯魚飼ってみたいなー」とか、お店の前を通るたびにぼやいてました。

で、人間ってのは物事に対して「なんかしたい」と思っただけで満足してしまう傾向にあるようで、なにかのキッカケがないと動きにくいもの。そのキッカケがこの前ありました。

結婚式も終わって、一段落した週末の土曜日。妻と「そういえば玄関が散らかってきたから収納できる大きな棚とか欲しいねー」と、ニトリに行くことに。成増の大きなお店をぐるぐるまわって手頃な靴箱を発見。30分くらいあーだこーだなんとか着地。帰ろうとしたとき妻が「この棚ダイニングにいいねー。スペース空いてるし。余裕あったら水槽とかも置けちゃうね」と、そんときは水槽なんてあんま買う気はなくて、手頃な値段だったしダイニング周りが寂しかったので「じゃ、買っちゃうか」と衝動買いに近い感じで棚を購入。

そして、ずっと前から行きたかった池袋の馬刺ともつ鍋のお店に。そこで、しこたま焼酎を飲んだせいもあって、気分よくなって、家に帰って、ベットにMacBookAirを持ち込んで熱帯魚一式を購入。「棚って横幅いくつだっけ?」「んー、120cmだったよー」「じゃあ120cmの水槽でいいっか」「ポチ」って感じ。そんときは、水槽と濾過装置と照明くらい。全部120cmの水槽にあわせて音静かなほうがいいよねーって感じであんま考えてなかったわけで。

今振り返ると、棚のサイズに合わせて水槽のサイズが決まりました。実物がどのくらいで、何リットル入って、お魚さんは何にしてとか全く意識せず、棚の大きさを基準として物事が進んだことが、よかったんだと思ってます。細かなことを考えると絶対先に進まない二人なので、ある程度決まってる枠の中で最大限のパフォーマンスを発揮するタイプのようにも思えます。

で、話しを戻して、水槽とか買っているうちに、あれもこれも必要になるようで、予想を上回る感じで後半は「しょうがない。買うしかないんだ」と自分で自分を説得する感じになってました。そんなこんなで、この二週間にわたって、NETTAI-GYOの設置と格闘してきた写真をご紹介。

元をただすとこの棚から始まった熱帯魚。もうねニトリの普通の棚ですが熱帯魚用にカスタマイズしていきます。

メインの水槽がこれ。なんか「寿司屋のカウンターにあるやつ!?」と最初思いました

全面に傾斜がついていて奥まで見えるというのと、奥行きが棚にあうものがなかなかなくて、これにした感じ。

今回のNETTAI-GYO装置では、外部濾過という外出しの濾過装置を採用しました。決めては静寂性、一番静かなようです。

が、水容量に対する濾過装置のパワーを間違えました。このパワーボックス SV-12000は270〜420リットルに対応してるんだけど、今回買った水槽は70リットル。4〜6倍もの過剰なパワーを兼ね備えてます。特殊な水槽だったので、その辺を考えてませんでした。熱帯魚屋さんに聞いたところ「とくに水流が強くなるだけで特に問題ない」とのこと。

棚の扉にすっぽり入ります(この日初めて入るということを知って感動してた)。

が、完全にクローズドな箱のなか故、排水パイプと給水パイプ、電源が確保できません。

であれば、穴をあければいいじゃないかと、赴くままにチャレンジしてみました。ここまできたらあとに引き返せない感じ。

気づいたことに木目調の紙です

ニトリの棚はフレームに木を使っているくらいで、天板とかはボール紙を加工したものなんですよ。もうそりゃよく燃えちゃいますね。

もう、買って一週間楽しみに待ってた商品をその日のうちに壊す心境はなんとも複雑でした。

裏面が剥がせました。

表面も完了。貫通した棚の向こうがよく見えます。

水槽と棚をドッキング。横幅ぴったり奇跡のコラボレーション。

もくもくと作業が進みます。濾過装置から水槽への給水パイプを切ろうとはさみをいれたところ、見事に破損。

水槽内の排水ノズルが長過ぎたので糸ノコでカッティング。工作みたいで面白い。

これでなんと1万円

夜にiPadみながら「こうゆう感じがいいよねー。ジブリだよねー」と話してて、新宿の熱帯魚屋でこの石を見た瞬間「これだ!」と購入。青瀧石というものらしく、これでなんと1万円。ふぉー!値段もするが、なんといっても重い。新宿からの帰り道何回も紙袋が切れて電車の中に転がり回るんじゃないかとドキドキでした。

亀の子タワシでごしごし洗って天日干し。

ネットとかで酸洗浄するとかあったんだけど、お店の人に聞いたら特に必要ないとのことでした。

ライトも120cm用。横幅ぴったり。そういえば家で蛍光灯つかわないのでなんか新鮮。

妻の水槽レイアウトの設計図。

石を配置して仮設置。土は「ソイル」という栄養の入った熱帯魚用の土です。下のは置くところに困ったエアガンたちです。

さて、これから水を入れていきます

土のままじゃなんか面白くないよねー。ジブリじゃないよねーってことで、水の中の芝生「ヘアーショートグラス」を大量に購入。芝生のような固まりを植えやすくこんな感じにほぐします。

そんでもって、さらに植えやすくするために根っこを丸めて。

植えているの図。この作業がほんと大変でした1

植えているの図。この作業がほんと大変でした2

できあがりました。

実はこの前に一度できあがり「やっとできたねー」なんて話してたんだけど、1日経って、酔っ払った勢いでリセットしました。おれが。何も言わずに後ろで見ていた妻の顔が、寂しそうで悲しそうで今でも忘れられません。

水草を育てるために必要なものといったら「程よい日光」「栄養のある土」と「二酸化炭素」

お魚さんはカージナルテトラを選択。ジブリのイメージにはこれだったようで。そんなお魚さんもネットで購入。店舗より断然に安いんです。

届いた段ボール。結構大きい。

あけると発泡スチロール。

こんな感じに水と一緒に入ってます。

いきなり水槽に入れてはダメで水温を合わせるために、こうして袋のまま水槽に入れて30分くらい放置。

放流。

これでカージナルテトラ100匹。もうちょっといてもいいかなーと考え中。

水草の藻の清掃員としてヤマトヌマエビも20匹購入。まだ石のところでずっと寝たままなんだけど・・・

カージナルテトラかわいいー

カージナルテトラ

こんな感じでNETTAI-GYOはじめました。水草が生え揃うまで数ヶ月かかるみたいなので、ゆっくりと鑑賞に浸ってみたいと思います。

もろもろ揃えたもの

水槽:傾斜付オールガラス水槽 グラディ 1200|アクアシステム
http://www.aqua-system.net/jp/aquatank_gradie.shtml

濾過装置:パワーボックス SV-12000|コトブキ
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid=10&catId=1003010360&itemId=57582

照明器具:アクシーイオン 1200i WW|アクアシステム
http://www.aqua-system.net/jp/llumi_ion.shtml

CO2装置:チャームオリジナルCO2フルセット インテリジェント RCG0250
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid=14&catId=1117000000&itemId=57615

ヒーター:マイクロパワーセットブラックX300W|コトブキ
http://www.kotobuki-kogei.co.jp/product/?cid=75

水草:ヘアーグラス ショート
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid=03&catId=1230050800&itemId=77863

ソイル:Breeder's Soil タイプB ノーマル
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?itemId=61261

肥料:Fe Energy 400g 2mm
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?itemId=57264 ピンセットバサミ:草作 400N
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?itemId=61261

カルキ抜き:強力カルキ抜き スイッチ 250ml
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?itemId=51826

お魚さん:カージナルテトラ
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid=05&catId=1320100500&itemId=24006

清掃員:ヤマトヌマエビ:
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid=05&catId=1370200000&itemId=10134

« 一世一代のビックイベント「結婚式」なるものを体験しました | ホーム | ボーイズ ビー なんとか。今年も行ってきた社員旅行! »