« FREE STYLE / MISHUKU.net 2011年のまとめ | ホーム | 映画「ハングオーバー」みたいな新年会 »

10 January

タイムカプセルを掘り起こせ!茨城サルベージ大作戦

2008年に茨城の友達の山に埋めたタイムカプセル。当時のブログは↓これ。
百姓一揆 冬の陣!君といる未来のために(2008/12/4)

そもそもこのタイムカプセル。何故か、1年後に掘り起こそうぜ!なんて軽いノリで手書きのメッセージと、ビデオカメラで撮影したムービーメッセージともに埋めたんす。「1年後だから目印なんかは食べ終えたトウモロコシの芯でいいよね。」なんて感じに3年も経過しちゃってて、小学生の宝探しより難易度が高そうな発掘作業が予想された今回のミッション。

事の発端は、サバゲーのメンバーで集まったときとか、酒の席とかで話題が乏しくなってくると、思い出しいたかのように発せられる「あのときのタイムカプセルは?」的なものに終止符をうつべく、この大作戦を・・・というのは大袈裟で、酒を飲みに行く理由のひとつとして群馬の旧友引き連れて茨城の友達夫婦のもとに。

前日の前夜祭はしこたま酒を買い込んでの宴会。途中から全く記憶なし。見事に『禁・泥酒』を打ち立てる日と相成りました。なにを話したのか?いつ寝たのか?とか覚えてなさすぎて、おまけに翌日激しい二日酔いの頭痛に悩まされてとか、映画「ハングオーバー」のような友達に囲まれているせいか、なにが起こるのかわからないため、深酒には気を付けようかなぁと。

で。

問題のタイムカプセル。埋めた山の場所は友達の保有する山。斜面と大体の場所は覚えているものの、詳細な場所は覚えているわけもなく、当時、お花畑のような考えではトウモロコシの芯しか置くことができず、その肝心なトウモロコシ芯も3年の月日と共に野生の動物に食べられたか風化したかはさておき、手掛かりにできることすらできず、さて困ったという感じに。

当時、埋めるときに撮った写真だけを頼りに「この木、これじゃね?」なんて言いながらシャベルを大地に突き刺すこと30分。「カツン!」という鈍音が響き渡り、手でまさぐると、当時埋めた缶が発掘。宝探し気分でテンションあがるのね。


で、で。

発掘した自分宛のメッセージとかムービーは、まぁあれで、当時、スタートアップベンチャーで働いてたんだけど、たしかタイムカプセルを埋めるときは資金繰りにものすごくてんてこ舞いになってて、年内には資金ショートのため継続が無理とかなんとか、どうやって食っていけばいいのかとか将来の不安がたくさんなときだったことを覚えてます。そのメッセージの中にも、そんな感じのメッセージがあって、今こうして働けてることに感謝を覚えた週末でした。

※一緒に埋めた人のは、読むのいかんだろーと、読まずにまとめて保管してます。新年会で会えると思うんでそんときにでも渡します。

   

まとまった写真はこっち。

:タイムカプセルを掘り起こせ!茨城サルベージ大作戦
FlashViewerFlickrFacebook

あと年末年始の写真もまとめてアップです。
:2011年から2012年の年末年始あれこれ[FlashViewerFlickrFacebook

« FREE STYLE / MISHUKU.net 2011年のまとめ | ホーム | 映画「ハングオーバー」みたいな新年会 »