« お盆からの178枚に写る20代最後の8月 | ホーム | 男3人 千葉の旅 »

20 September

未開の地“四国”夏の冒険記

シルバーウィーク真っ只中。土曜からお休みーという方も多いんじゃないでしょうか。

と、そんな連休赤日はどこもかしこも混みまくってるし、旅行するにも値段高いし、もう大変じゃんってことで、16日の平日から夏休みをとって、まだ未開の地、四国に行ってまいりました。

何でまた四国?と思うかもなんだけど、ワタクシの愛読しております“美味しんぼ”に触発されたというのが、まず第一。んでもって、せっかく旅行に行くんならまだ行ったときがなくて、あんまり人から聞いたときのないところ、ということから導き出されたのが、四国。という感じ。

旅行にも持っていったんだけど、「対決!日本全県味巡り高知編」というストーリーがありまして、各地の美味しいもので究極メニュー・至高のメニューとで山岡士郎と海原雄山が美味しいもの比べをするんだけど、もう雁屋 哲さん(美味しんぼの作者)リスペクトですよ。

香川は讃岐のうどん、べえすけのすき焼き、徳島 日本三大秘境“祖谷渓”の祖谷蕎麦、メインの高知では、クジラとカツヲの塩たたき、んでもって龍馬鍋に四万十の鮎に川海老にアオサノリに極めつけは焼き鯖寿司。ほかにも数え上げられない四国ならではの食の数々。

食べ物以外にも、もうお腹いっぱいの大自然・とっても温かい住民の方々・ふと立ち寄ったところから冒険が始まる感じのドキドキの4日間。リックとカメラもって四国を周った4日間。写真をアップです。

   
   

より大きな地図で 2009年 四国冒険旅行 を表示

この旅行のためにカメラを新調しちゃったの。NIKONの“D700”ってやつで、前使ってた“D70”ってのより桁が1つ違うだけあって、とっても気持ちよくとれるカメラ。レビューとかまた後で。

« お盆からの178枚に写る20代最後の8月 | ホーム | 男3人 千葉の旅 »