« スタートアップベンチャーで必要だったこと | ホーム | サバイバルゲーム 百姓一揆 春の陣 »

29 March

PSPのカメラをエアーガンにくっつけてみた

前回の「プロジェクト HIMS - Helmet Installation Moving System -」に引き続き、サバイバルゲーム馬鹿がない知恵を振り絞って、新たなる試みを行いました。


その試みとは、PSP専用のカメラをエアーガンにつけて、よりリアルな映像を作ろうというもの。企画自体はプロジェクトHIMS発表後に神楽坂で働くM美子が考案し、友人に頼んでもらって作ってもらいました。

実際のところ、PSP専用のカメラはPSP本体に直付け設計のため、カメラを分解し延長コードを足したもの。どうみてもプロの仕事としかいいようがない代物です。なんでも秋葉原に行って延長コードを探してもらったみたいだけど、売ってなくてネットで直接取り寄せたとのこと。このPSP延長ケーブル式カメラについては、「Factory M美子@神楽坂」に問い合わせてください(笑

PSPで撮影した動画はAVIで出力されるので編集も楽ちん。映像のサイズは480px × 272px。PSP専用カメラと一緒についている「ちょっとショット」でも加工ができるので、映像編集ソフトがない場合でもいいかも。ただし、出力される映像(.AVI)のフレームレートが30.00fpsなので、一般的なビデオカメラの映像(29.97fps)と一緒に編集する場合は、フットステージを変換してあげる必要があります。

で、実際にPSPカメラをM4A1にくっつけた写真がこれ。



レーザーサイトのジョイント部分が余ってたので、スコープマウントに乗せました。1X1のドットサイトもなんとか使える感じ。




PSP本体側のケーブルは、とても抜けやすいのでビニルテープとかで固定しなきゃダメだな。抜けると撮影してようが、強制的に止まってしまう。



んでもって、ヘルメットカメラも準備。



装着後はこんな感じになります。どうみても頭のカメラがお茶目でならない。



んで、狭い部屋の中でヘルメットカメラとPSPカメラでテスト撮影してみました。

まずは、PSPカメラ。画質はCANON iVISには劣るものの、エアーガンに固定されてるので、安定感のある映像。でもカメラについてるマイクのせいなのか、音が小さいのが難点。



でもって、ヘルメットカメラ+PSPカメラ。視点が違うので面白い映像だ。



こんな感じで4月4日のサバゲーに向けて準備中す。興味のある人は連絡プリーズ。千葉のバトルフィールド ユニオンってとこで遊んじゃいます。市街戦のような、それはもう面白い大人の遊びです。

PSPカメラも2台用意してもらったので、敵味方でつけてサバゲーするのも楽しそう。大人になって、ある程度の技術持った人たちが集まると、こんなにも楽しくなるものだとは思ってもみなかった。

当日、カメラつけてサバゲーやる予定なので、あんまり狙わないで欲しいなぁというのが本音。

どうか、4月4日は晴れますように!

« スタートアップベンチャーで必要だったこと | ホーム | サバイバルゲーム 百姓一揆 春の陣 »

トラックバック(3)

アフターエフェクトのエクスプレッションとは、エフェクトやトランスフォームなどの効果をスクリプト(プログラミング)によって、 続きを読む

アフターエフェクトとは、フォトショップやイラストレータで有名なアドビが開発したモーションクラフィックソフトです。 続きを読む

アフターエフェクトを使い方などを扱う講座的まサイトが増えてきました。 続きを読む