« Problog:座右の銘・お気に入りの言葉 | ホーム | さて1ヶ月が経過してみてこうなった »

20 January

BookRevue:眠れなくなる宇宙のはなし

TITLE 眠れなくなる宇宙のはなし
BOOK INFO 佐藤勝彦 (著)
BUY DATE 2009/1/10
REVUE DATE 2009/1/20
EVALUATION
現実逃避したくて買った本(笑

写真は一切なく、宇宙に関する文章とイラストのみなんだけど、写真がない分、頭の中で宇宙を想像していると知らぬ間に寝ていたりというのが何度かありました。ただ、宇宙について書かれているのではなく、宇宙を紐解いてきた歴史人たちの考え方や、それと共に流れてきた時間の中で、どんな風に宇宙に対する解釈が変わってきたのかがわかります。

ほんの構成も、1晩で1章づつ読んでいくようになっており、章の終わりの「それでは、おやすみなさい」というのが読んでて楽しみでした。宇宙の95%は未だに謎であり、その宇宙を構成している物質すら解き明かされてないという、もうどうしようもできないくらい大きな宇宙に少しでも触れられた気がします。そして、今こうやって生きていることの素晴らしさを考えることができました。

« Problog:座右の銘・お気に入りの言葉 | ホーム | さて1ヶ月が経過してみてこうなった »

トラックバック(1)

『眠れなくなる宇宙のはなし』 著:佐藤勝彦古代から現代にいたる宇宙観の変遷を、味わい深いイラストを添えて、物語のように語っていきます。とはいえ、学術的な“... 続きを読む