2008年10月アーカイブ

31 October

BookRevue:過剰と破壊の経済学「ムーアの法則」で何が変わるのか?

TITLE 過剰と破壊の経済学「ムーアの法則」で何が変わるのか?
BOOK INFO 池田 信夫 (著)
BUY DATE 2008/10/20
REVUE DATE 2008/10/31
EVALUATION
毎回ブログを読ませてもらっている切れ味抜群の池田 信夫先生の本。

「半導体の集積度は18ヶ月で2倍になる」――インテルの創業者ゴードン・ムーアが1965年に提唱したこの法則は、急速な変化を続けるコンピュータの世界にあって、いまだ生き続けており、この「ムーアの法則」は、単にIT業界に影響を与えているだけではなく、世界中のすべての人がコンピュータとネットワークでつながる現代においては、産業構造や経済システムそのものを破壊し創造するほどの威力を持っている。そして、今後の希少価値はもはや「モノやサービス」ではなく「ボトルネックの解消」であり、ビジネスの焦点も次のボトルネックを探し解消することに向かってゆく。

内容は著者のブログに書き溜められた文章をまとめて再構成したものだと思いますが、こうして一冊になった文章を改めて読み返すと流れがよく見渡せるのではないかと思います。

30 October

BookRevue:労働法のキモが2時間でわかる本

TITLE 労働法のキモが2時間でわかる本
BOOK INFO 石井 孝治 (著)
BUY DATE 2008/10/5
REVUE DATE 2008/10/30
EVALUATION
物語形式で労働法についての説明がされている、とってもわかりやすい1冊。物語りもとってもラフで“「美人募集」の求人広告はOK?”といったものや、“休憩時間にパチンコはマズいのか?”など、普段恥ずかしくて人事の人や社労士の方に聞けない事例が挙げられている。そんなこといったら、普段日常の仕事があてはまらないのじゃ…と思うかもしれませんが、そこの辺は大丈夫。ちゃんと物語も、実際の職場環境に近い感じに落とし込めているので、身につく本といった感じ。

あと、意外とみんなわかっているようでわかっていない、「休日出勤」した場合の「振替休日」と「代休」の違いなどが詳しく書かれているので、普段何気につかっている労働法の間違った認識も直せるかもです。

28 October

友とぶどう酒は古いほど良し

「友とぶどう酒は古いほど良し」これはイギリスの諺(ことわざ)から引っ張ってきたもの。

小学校から中学校は一緒に通い、高校・大学は違った進路を辿ったものの、地元に帰ればいつでも朝まで飲んで、最近では地元から家を移した横浜と東京とで、都合のつく週末は遊んでいたりしたのだが、9月の初めころから、なんの前触れもなくパタっと連絡がとれなくなった。

他の群馬の友達から連絡しても同じように連絡がとれず、そいつの妹に連絡してみたりと、“できうる”様々な手段をとったが結局、2ヶ月間も連絡が全くとれなかった。


不安もいよいよ限界に達し、そいつんちに乗り込む計画を立てた。

続きを読む: 友とぶどう酒は古いほど良し

22 October

駆け抜けろ東京!結婚式のムービーも定番になってきた

先週の18日、先月に引き続き、またまた友人の結婚式。
もう30手前になるとピークなんだなぁーと感じながら、表参道のお洒落ーな式場に行ってきました。

で、今回も作りましたムービー。結婚式の披露宴 “余興”という、人生の晴れ舞台ちっくな場面で流すときたもんで、結婚式までの1週間、もう汗と涙がちょちょぎれるくらい全力でつくりました。

といっても、今回はビデオカメラで撮影して、ちゃちゃと映像と写真を加工して、タイムラインをつないで、そのあとの映像編集を友人 ライトに任せっきり。大っ変お世話になりました。なもんで、10月の週末は結構な頻度でノートPCと外付けHDD持って彼んちで打ち合わせしてました。


あれだね。



続きを読む: 駆け抜けろ東京!結婚式のムービーも定番になってきた

07 October

シングルモルトウィスキーを封蠟(ふうろう)してみました

先日の結婚式で友人からもらったサントリーのウィスキーと間違えてた、アイラのシングルモルト「SIGNATORY VINTAGE 1979」。1979年という生まれた年にボトリングされた粋なウィスキーです。なんだかとってもよさげなウィスキーなんだけど、ネットで探しても日本語のサイトが全然でてきやしねー。

辛うじてみっけたのがここ。
Signatory- Scotch Whisky - bottler

会社自体は1988年に設立されたみたい。
そしたらなんでこのウィスキーは1979年なの?となるけどこのSIGNATORY、いわゆる瓶詰め業者らしい。上のサイトでは

続きを読む: シングルモルトウィスキーを封蠟(ふうろう)してみました

Problog:自分の分身!仕事で使う道具について(ソフトウェア編)

この記事はシステムエンジニアとして、高校生向けの就職支援サイト「プロブロ」に寄稿している記事です。

さて、昨日に引き続き、仕事で使う道具についてです。
今回はソフトウェアです。全部書いていくとキリがないので、ちょっと大袈裟に「これがなかったら仕事できないんじゃない?」ってインパクトの大きいものを挙げてみたいと思います。ちなみにウィルスソフトとかの“あって当然”のものは抜いてます。

続きを読む: Problog:自分の分身!仕事で使う道具について(ソフトウェア編)