« 社会に出てとまどったこと | ホーム | 水商売をしてとまどったこと »

21 April

関東最大の鍾乳洞「不二洞」に行ってきた

群馬の山奥に関東一の鍾乳洞「不二洞」があるというので、土曜日に行ってきました。
今から約1200年前に発見されたとされる群馬県民で知ってる人はあまりいない隠れた名スポットです。

入口から異次元に向かうような長い長いトンネルを抜けて鍾乳洞までたどり着くと、そこからは縦穴が伸び、螺旋階段を登りきる。 その螺旋階段が長いこと長いこと。



体力がないといっちゃダメ。

あと、前日に降り注いだ大量の雨のせいで、鍾乳洞が水没。
とっても危険な場所ということがわかりました。

洞内の延長は約2.2km。とってもアドベンチャーな空間でした。

ゴールデンウィークとか暇な人は是非とも!

不二洞
営業時間:9:00~16:30(11~3月は~16:00)
休業日:無休
料金:入場料=大人600円、小人400円/
住所:群馬県多野郡上野村川和665
アクセス:JR高崎線新町駅から日本中央バス砥根平行きで2時間8分、乙母下車、徒歩40分
電話番号:0274-59-2146(川和自然公園)



会社で「鍾乳洞に行ってきたよ!」と、群馬のお土産(こんにゃく大福)を渡したところ、新入社員のアメリカ人さんが「洞窟と鍾乳洞って何が違うの?」って質問が。定義がわかんなかったんで、書いておくよ。

洞窟とは?
崖や岩にできた深い穴。ほら穴。洞穴。【MSN 辞書 - 国語辞典 : 洞窟

鍾乳洞とは?
石灰岩中の割れ目または層理面に沿って流れる地下水の溶食作用によってできた地下の洞窟。石灰洞。 【MSN 辞書 - 国語辞典 : 鍾乳洞

英語で洞窟は「cave」。鍾乳洞は「calcareous cave」。calcareous は直訳で「石灰質の、炭酸カルシウムの」意味から、“石灰質とかからできてる洞窟”を鍾乳洞って定義すればいいのかな。


あと全く別の話になるけど、帰りに寄った高崎でめちゃくちゃうんまい焼肉屋をめっける。
今まで食べたお店で一番と言ってもいいほどうんまい。しかも東京プライスの半額くらいで食べれるんじゃないかな。内臓系のメニューがはんぱなくあって、とにかく安うまい!安うまい!

済州家(チェジュカ)

群馬の友達に紹介しまくりたいお店。ゴールデンウィークにまた行くでー!

そんな週末の写真をアップ。
群馬といったら山です。

Photograph-Style:鍾乳洞「不二洞」に行ってきた


Google Mapでこの日のマイマップを作成してみました。
こうみると結構移動したなぁ。

« 社会に出てとまどったこと | ホーム | 水商売をしてとまどったこと »