« さくらレンタルサーバにMantisをインストールする(失敗) | ホーム | 新しい環境に慣れるための方法 »

08 April

maid4uにMantisをインストールする

結局、さくらレンタルサーバでできなかったんで、maid4uにインストール。なにげにmaid4uのレンタルサーバはODBC接続できたり、MySQLとかPostgre使いたい放題なので「自サーバ作るのはちょっと、、」って人にお勧め。

手順は以下。

データベースを作成する

Plesk 8.2.1 からデータベース(MySQL)を作成し、ユーザも作成。
ここでは以下の通り作成したとする。

Database name:mantis
User name:user01
Password:hogepass

Mantisをインストール

Mantis Bug Tracker | Downloadからmantisをダウンロード。今回はmaid4uのMySQLのバージョンが5.0なので、対応してるっぽい最新版(Apr.08.08 時点)の1.1.1をインストール。

mantis-1.1.1.tar.gz

下記ディレクトリに解凍したファイルをそのまま以下にアップロード。(xxxはmaid4uのユーザ名)
※ローカルPCで解凍してFTPでアップ…もできるけど、パーミッションの設定とかめんどいので、SSHで接続して、サーバで解凍してやったほうが楽。

/var/www/vhosts/xxx.maid4u.jp/private

SSHでmaid4uに接続し以下のコマンド。

cd $HOME/private
gunzip mantis-1.1.1.tar.gz
tar xvf mantis-1.1.1.tar

mkdir -p $HOME/httpdocs/mantis
mv $HOME/private/mantis-1.1.1/* $HOME/httpdocs/mantis

install.phpにアクセス

ブラウザを開き、下記URLを入力。(XXXはユーザ名)

http://XXX.maid4u.jp/mantis/admin/install.php

そうすると下のような項目の入力フォームが出てくるのでそれぞれ入力。

Type of Database :MySql
Hostname:xxx.xxx.xxx.xxx(サーバのIPアドレス)
Username:user01
Password:hogepass
Database name:mantis
Admin Username:○○○(mantis を使うときのユーザ名)
Admin Password:△△△(そのパスワード)
Print SQL Queries instead of Writing to the Database:チェックなし

全ての項目が「GOOD」になってると思いきや、一箇所だけ警告がでる。

Write Configuration File(s) 

Creating Configuration File (config_inc.php)
(if this file is not created, create it manually with the contents below) 

POSSIBLE PROBLEM
cannot write /var/www/vhosts/○○○.maid4u.jp/httpdocs/mantis/config_inc.php 

Please add the following lines to /var/www/vhosts/○○○.maid4u.jp/httpdocs/mantis/config_inc.php before continuing to the database upgrade check:
<?php
$g_hostname = 'xxx.xxx.xxx.xxx';
$g_db_type = 'mysql';
$g_database_name = 'mantis';
$g_db_username = '○○○';
$g_db_password = '△△△';
?>

config_inc.phpに使用するデータベースの情報の反映。
もともとサンプルのconfig_inc.php があるのでそれを使う。

cd $HOME/httpdocs/mantis/
cp -p config_inc.php.sample config_inc.php
vi config_inc.php

POSSIBLE PROBLEM で表示されたデータベース情報をconfig_inc.php の下のほうに追加。

<?php
$g_hostname = 'xxx.xxx.xxx.xxx';
$g_db_type = 'mysql';
$g_database_name = 'mantis';
$g_db_username = '○○○';
$g_db_password = '△△△';
?>

公式ページには、設定が終わったら config_*.php を書き込み不可にしたほうがいいとあるのでやっておく。

chmod 400 config_*.php

再度、ブラウザからアクセスするとPOSSIBLE PROBLEM は消えてる。

http://XXX.maid4u.jp/mantis/admin/install.php

そのページの下部にログインへのリンクがあるので「Continue」をクリック。ログイン画面に遷移。

nstall was successful.
Continue to log into Mantis

ログイン画面にエラーがでる。

WARNING: You should disable the default "administrator" account or change its password.
WARNING: Admin directory should be removed.

デフォルトの管理者権限のアカウントが作成されてるためセキュリティ的にやばいっすよといってる。
とりあえず、デフォルトの administrator/root でログインして管理社権限アカウントを作成する。

ログイン後、[Manage]→[Create New Account]で管理者権限を持つアカウントを作成。
デフォルトの管理者権限のアカウント「administrator」を削除。

んでもって、Administration Toolを削除。

cd $HOME/httpdocs/mantis/
rm -rf admin/

これでインストールから設定は完了。
操作方法は公式日本語サイトが詳しいのでそちらを。

参考サイト

Mantisマニュアル
Mantis - バグ管理システム -
PHP開発あぷり - mantis - - よくきたWiki

« さくらレンタルサーバにMantisをインストールする(失敗) | ホーム | 新しい環境に慣れるための方法 »