« BookRevue:究極の会議 | ホーム | さくらレンタルサーバでSubversion (Windows操作編) »

19 February

さくらレンタルサーバでSubversion (Install編)

複数人のメンバーでのソース管理する必要があったので、Subversionを導入。会社のサーバに入れたいものの、まだサーバの準備が整ってなかったんで、自分の持ってるさくらレンタルサーバにインストール。いろんなサイトを参考にしてやってはみたものの、どうも最初からうまくいかなくってとっても大変だった。
どうせ3ヵ月後くらいにまた同じことやると思うんでメモ程度にまとめておく。

ちなみにTortoiseSVNをインストールしたのはWindows Vista Ultimate 32bit。SubversionをインストールしたさくらサーバはFreeBSD 6.1-RELEASE-p21 i386 (Apache/1.3.39 (Unix) )。


1)準備するもの(インストールは一番下参照)

・さくらインターネットサーバ(スタンダードプラン以上)
WinSCP(FTPできればOK)
TeraTerm(bashを動作させるため)
TortoiseSVN(Windowsの場合)
PuTTY(SSHで接続するために使う)


2)TeraTermで接続

ホスト名はさくらレンタルサーバのアドレス。「○○○.sakura.ne.jp」。
SSHバージョンは「SSH2」。ユーザ名・パスワードはFTPで接続するときのやつ。

Welcome FreeBSD!

と陽気なメッセージで起動したらbashを起動

$ bash


3)インストールする場所を作る

$ mkdir -p $HOME/local/src
$ cd $HOME/local/src
$ mkdir -p $HOME/local/lib/python2.4/site-packages
$ ln -s ~/local/lib/python2.4 ~/local/lib/python
$ export PYTHONPATH="$HOME/local/lib/python:$HOME/local/lib/python/site-packages"
$ export PATH="$HOME/local/bin:$PATH"
$ export LD_LIBRARY_PATH="$HOME/local/lib"

4)SWIGのインストール

SWIG(Simplified Wrapper and Interface Generator)。スクリプト言語からC/C++のコードを利用するためのインタフェースとなるコードを生成する開発ツール。

$ cd $HOME/local/src
$ wget http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/swig/swig-1.3.29.tar.gz
$ gunzip swig-1.3.29.tar.gz
$ tar xvf swig-1.3.29.tar
$ cd swig-1.3.29
$ ./configure --prefix=$HOME/local
$ gmake
$ gmake install

5)Neonのインストール

WebDAVクライアントライブラリ。なぜか、neon 0.25.5じゃないと駄目らしい。

$ cd $HOME/local/src
$ wget ftp://ftp.sunfreeware.com/pub/freeware/SOURCES/neon-0.25.5.tar.gz
$ tar xvzf neon-0.25.5.tar.gz
$ cd neon-0.25.5
$ ./configure --prefix=$HOME/local --with-ssl --with-libs=/usr/local --enable-shared
$ gmake clean && gmake && gmake install

6)APR / APR-utilのインストール

APR:Apache Portable Runtime
APR-util:Apache Portable Runtime Utility

$ cd $HOME/local/src
$ wget http://ftp.kddilabs.jp/infosystems/apache/apr/apr-0.9.16.tar.gz
$ tar zxvf apr-0.9.16.tar.gz
$ wget http://ftp.kddilabs.jp/infosystems/apache/apr/apr-util-0.9.15.tar.gz
$ tar zxvf apr-util-0.9.15.tar.gz

※最新ファイルがよく変わっているようなので、wgetできなかったらここにいって最新ファイル名に変更する。


7)Subversionのインストール

$ cd $HOME/local/src
$ wget http://subversion.tigris.org/downloads/subversion-1.4.3.tar.bz2
$ tar jxf subversion-1.4.3.tar.bz2

Subversionを展開したら、6のAPRとAPR-utilをSubversionのディレクトリの中にコピー。

$ cd $HOME/local/src
$ cp -rf apr-0.9.16 subversion-1.4.3/apr
$ cp -rf apr-util-0.9.15 subversion-1.4.3/apr-util

※ここでもAPR / APR-util のバージョンに注意。


Subversionをコンパイル & インストール。

$ cd $HOME/local/src/subversion-1.4.3
$ ./configure --prefix=$HOME/local --without-berkeley-db -with-python=$HOME/local/lib/python --enable-swig-bindings=python --with-swig=$HOME/local/bin/swig --with-neon=$HOME/local/ --with-ssl --with-libs=$HOME/local --disable-static
$ gmake clean && gmake && gmake install
$ gmake swig-py
$ gmake install-swig-py

最後に以下のシンボリックリンクを作成。

$ ln -s $HOME/local/lib/svn-python $HOME/local/lib/python/site-packages/svn-python
$ ln -s $HOME/local/lib/svn-python/svn $HOME/local/lib/python/site-packages/svn
$ ln -s $HOME/local/lib/svn-python/libsvn $HOME/local/lib/python/site-packages/libsvn

以上でインストールは完了。
144.15MBのサーバ領域を使用した。

長くなったんで、TortoiseSVNのインストールメモは次のエントリ


メモ)ダウンロード&インストール方法参考

WinSCP FTP感覚で使えるSSHクライアント[世界中の1%の人々へ]
UTF-8 TeraTerm Pro with TTSSH2のインストールと利用方法
TortoiseSVNのインストールと設定
PuTTYgenの利用


※)追記

2008/02/20 - TortoiseSVNのインストールメモ リンク先追記


« BookRevue:究極の会議 | ホーム | さくらレンタルサーバでSubversion (Windows操作編) »