« アメリカ出張探検記 7日間の軌跡 | ホーム | ダンデライオン実行記録 »

20 December

人の可能性

7日間の出張だったが、前の出張のときみたいに朝から晩まで「仕事尽くし」ってな感じじゃなくって、なんだかゆっくり仕事できたし、楽しめた。楽しめたといっても観光とは違って、やる仕事はたくさんあって、そのやることの合間見て遊べた感じ。今回はアメリカでは初のレンタカーも用意してもらい、乗ることができたし、なんといってもレンタカーのおかげで、行動距離がうんと伸びた。地図があれば一人でどこでもいける感じがした。珍しいことに、道に1回も迷ってないんだ。一部では方向音痴のレッテルが貼られてるけど、アメリカのハイウェイだらけの道では迷わなかったんだ。

実は今回の出張6日目に、出張延長の話が出てたんです。前回・今回と自社でサービス開始するシステムのトレーニングをしてるんですが、どうしてもトレーニングの時間が足りないということで、もうちょっとやっていこうよ!って感じで。もうすぐシステムのリリース(サービス開始)が近づいているので、ちょっと心配になってたのかな。アメリカのオフィスには自分のようなシステムを担当している人がいないんです。英語もろくに喋れない自分が、日米のシステムを担当ってのもベンチャーならではです。

で、滞在してる今回のホテルもレンタカーも延長できるって確認はとれて、Air Ticketだけが延長できないってんで結局帰ることになった。なもんで、来年の1月も2週間ばかし出張が決定。2週間って今回の2倍で、そんなにアメリカ行って日本の仕事は大丈夫?って思われるけど、よく考えたら自分のやってる仕事って、日本で仕事しようが、アメリカで仕事しようが変わらないってこと。確かにオフィスにいて電話対応とか、いろんな雑務あるけど、そんなん自分じゃなくっても誰だってできる。ただ人が足りてないだけ。大事な打ち合わせだけに出れば自分の仕事はできるって思ったんだ。
で、そんなことをCEOと話してて「1月に人策とか、うまくいったら2週間出張ね」って感じなのよ。物事は常にうまく進まないけど、ベストで進んだときのストーリーを描くのはなんだか楽しい。


あと、勉強になったこと。Daly Cityでランチしたときだ。アメリカでも大企業と呼ばれるIT企業で働いているW氏に「もっと自分に自信を持て!」って言われたこと。「自分のやってる仕事、自分のスキル、自分のやってきたこと、自分の考えること・信じること。もっと自信をもって相手に教えてあげなさい。君はまだ若い。可能性は無限にある。」こんな感じだと思う。英語で言われてキョトンとしてたんだけど、何回も言ってくれた。嬉しかった。

頭の脳裏を嫌な思い出がよぎる。

いつだっけかな。今年の1月頃かな。約1年前か。まだ前のソフトウェア会社で働いてて、どっかの会社に常駐してたときだ。ネットで知り合ったある友達から、一緒にお昼をしようと誘われた。その友達とは何回か会ってて、とってもいいヤツだったんで、迷うことなくその誘いに応じた。なんでも、凄い人を紹介するから楽しみにしてろよ!って感じ。その「凄い人」ってのは、日本のどっか監査法人のベンチャー応援してますって感じの50歳くらいの人。

で、実際会ってみて食事を進めながら、どんな学歴があって、どんな家族構成をしてて、どんな少年時代を過ごしたんだ?とか聞かれた。初対面の人にそんなこと聞かれても…って、あんま好きな話しじゃなかったけど、誘われた友達の面子もあるし、適当に話してた。

最後のデザートを食べてるとき、最後の質問をされる。「あなたの夢は?」だ。
そう、今年の1月頃。ちょうど、アメリカ行きを考えてたときで、具体的なことはなんにも決まってなかったけど、アメリカに行って働いてみたい。って気持ちだけがあった。で、そのことを話した。

そしたら、その「凄い人」は一言、こう言った。

「あなたは無理だよ。」

ランチの間に会話した自分の学歴、やってきたことから、わずか1時間足らずの間で判断した言葉だったんだろう。なんというか、本当にアメリカというものは自分の手には掴めないものに思えた。今のまま、ソフトウェアの開発などを請け負う仕事がやっとなんだ。とか悲観的になった。自信がなくなった。

が、なんだか諦めきれなかったというか、「行動を起こしてする後悔より、行動を起さなくってする後悔」をしたくなかった。逆に燃えたってのもあったけど。

おかげで、まだ全然結果とか出てないけど、アメリカで働くことができている。ありがとう、「日本の中の凄い人」。今、尋ねてみたい。その「凄い人」の人生の物差しってなんなんですか?って。


世界は馬鹿広くて、考えもしなかったことが起こりうる。その考えもしなかったことが、誰かの可能性というものだったりしてる。そんな可能性は人に止められるものではない。逆に止めるものがあるとするならば、自分の中の弱い部分がそうしてるんだろう。

ならば思うがまま、思いっきりやってみよう。

前もそうだったんだけど、アメリカに行く前と帰ったときのギャップがとっても不思議。自分の中でいい気分転換になってるんだろうなぁ。


アメリカ出張探検記をまとめました。写真メインな感じ。
なんかこの記事とは分けたかったのさー

« アメリカ出張探検記 7日間の軌跡 | ホーム | ダンデライオン実行記録 »