« 雨のBay Bridgeを超えて | ホーム | 人の可能性 »

20 December

アメリカ出張探検記 7日間の軌跡

Day 1
大好きな「越南餐館」のある料理(名前忘れた)を食べる。もう空港について、レンタカー借りて直行しました。San Brunoのオフィスの近くにあるベトナム料理屋さん。いつも決まって「No.25! Big size please!」。アメリカ出張が決まって、最初に頭に浮かんだMy favorite foodです。

この料理の食べ方。
1.まず、小皿に乗ったミント、もやし、生の青唐辛子が置かれます。ミントの葉をむしっておくとGood。

2.ミント、もやしと青唐辛子をあつあつのどんぶりに入れてよくかき混ぜます。(あつあつのどんぶりには、半生の牛肉も入ってます。どんぶりの中で、あつあつのスープで茹でるといった感じ。)ごちゃごちゃにしちゃったほうがおいしいです。

3.お好みで唐辛子でできた辛いやつを入れましょう。(なんて言うか知りません。)そんでもって出来上がり!ぶっ飛ぶほど美味しいです。


Day 2
USオフィスの入ってるフロアの、クリスマスランチパーティー。でっかい会議室に用意されたアメリカのクリスマスっぽい料理を食べました。(席がなくて、会議室前のソファーで。)

で、それだけかと思ったら15時のデザートタイム。そんときのくじ引きで、見事$100の食事券をGET!San FranciscoのBay Bridgeフモトにあるこ洒落たレストランらしい。来月行こう。

あと、ブランデーとミルクを混ぜたような「クリスマスに飲むドリンク」と聞いて飲んだ。やたらとブランデーが入ってて、仕事中に手が震えた。

夜は社内のクリスマスパーティーでフレンチ料理を。USスタッフの子に「JINNは何しに来たの?」って皮肉を言われる。メインはウサギの白ワインなんとか。癖がなくって美味しかった。


Day 3
仕事。

Day 4
午後から土曜出勤。ランチをUSスタッフのお友達と食べに行く。Port of San Franciscoの目の前にあるタイ料理。トムヤンクンみたいなスープうますぎ。

Port of San Franciscoの目の前の広場にどでかいスケートリンクができていた。なんでもStar Backsの心意気(無料提供)みたい。その目の前で写真を撮ってもらう。どこにいるでしょうか。

ミーティングを終えて、Saturday Nightの盛り場に。Daly Cityにある「tabu」ってクラブ。アジア圏の人たちが多かった。が日本人はおらず。

一緒に行った子たち。撮ったのは、クラブ写真家の人らしい。(あとでこの写真もらった)この撮った人のホームページにこの写真が載ってたのが嬉しかった。一人は会社の子で、もう一人がその友達。一緒にいてもとってもナンパされてて、かといって、日本語通じないし、どうしていいもんか迷った挙句、飲み果てる。前の日記で「クラブで倒れた」と書いたが、で、重大な事実が発覚。どうやら魅惑のカジノのトイレだったようです。セキュリティとポリスが来て無理矢理追い出されたようで。酔っ払っててよかったと心底思う。今ではいい笑い話だけど。


Day 5
二日酔いの頭を抱えて、一路Bay Bridgeを渡って、思い出の地 Berkeleyに。ナビなし地図のみでなんとかなるもんだと実感。アメリカのハイウェイは結構わかりやすい。

以前、Berkeleyで知り合った、Sつ気たっぷりのYさんと、今年晴れてUC Berkeleyを卒業して(なんでも卒業式のBBQで会ったときあるらしい)、Virginiaで大学教授をやってるJさんとピッツアを食べる。オーダーしすぎでお腹いっぱい。

食後の運動ってことでビリヤード。Jさんが一番うまい。S女Yさんは「もー、つまんねー」って、飽きてた。


Day 6
仕事で遅くなっちゃったんで、初めてのドライブスルー@アメリカ。近くのハンバーガー屋さんでした。Mサイズのコーラがとっても大きかったんで、「Is this Medium?」って聞いたら「Of course!」って言ってた。


Day 7
会社の携帯をオフィスに忘れ、GPSに登録された場所に向かう。店の名前も知らないし、連絡の取りようがない。どうしたもんだろー?って、ちょっとした裏路地を歩いていると偶然にも遭遇。「It's a miracle!」と叫んだら笑われた。「あなたが携帯持ってこないから悪いんだよ。」ってさ。

San Francisco市内の多分Presidio近くのBURMAってお店。USオフィスの子の一押しのお店らしい。タイ料理かと思いきや、やんだか味がちょっと違うんだって。30分くらい待って入っただけのお料理!

「食後にJINNにお勧めのお店があるよ!」と2分くらい歩いたJava Source Coffee Houseに連れてってもらう。アメリカでは珍しい、というか、自分自身初めてのお店でした。店内(といっても窓がないけどね)でタバコを吸いながらコーヒーが飲めるのだ。 とってもローカルな雰囲気の漂う場所でして、トイレに行く途中の半地下のフロアでは、トランプとお金が並んだテーブルが置いてあり、そのテーブルに群がるアジア圏の方々がたくさんいた。

そこで2時間くらい話してたのかな。英語で。(話したといっても聞いてるのがほとんど)聞いてる分にはいけるんだけどなぁ。パッと話せない。話せても、動詞だけとか過去形とか関係なしの文法とも呼べないものになってるけど、話そうとする努力は認めてくれたようで、スラングな言葉を教えてくれた。自分としてはスタンダードなものを教えて欲しかった、、

で、お世話になった2人。クラブでも、セキュリティとポリスから守ってくれた2人です。お世話かけました。Thanks you very much!

  



Day 8(移動日)
寝坊しました。ホテルまで迎えに来てもらってレンタカー返して…って感じだったんだけど、寝坊しました。こりゃ、どうしようもできないです。すみません。9時起床。11時25分フライト。2時間とちょっと。最速で準備、トランクに荷物放り込んで、トランクの上に乗って閉めて出発。10時20分ころに空港についてなんとか間に合った。前日にAir Ticketをプリントしておく、Easy Checkをやっておいてよかったー

アメリカから日本に帰るときって、とっても好き。飛行時間が長いし、日本に着いてから用事がない限りすぐ休める。(成田に着くのが16時頃)なんといっても、飛行機の中で、自分の考えをまとめられるし、写真とかも見れるし、加工できるから、ゆっくり自分に時間を費やせる。もちろん、向こうで受信した仕事メールの返信文は書いておくけどね。

とりあえず、今まで最高の出張だったです。
まとめたものをPhotographにアップっす。

« 雨のBay Bridgeを超えて | ホーム | 人の可能性 »