« 夏とセミのICOCAな関係 | ホーム | だって夏だもん!@2007 »

18 August

記憶の属性

金曜日。早めに仕事を上がって新大阪駅に。
新幹線乗り場構内のラーメン屋「尾道らーめん」で、こってこての味噌ラーメンを食べながら、週末に待っているほんのわずかな夏休みを前に浮かれながら思ったことがあった。

自分の場合、ゴールデンウィークや夏休み・正月などは本気で遊ぶ。その前のクソ忙しい仕事やら、日常起こる他愛もないストレスは、こういった休みに向けて考えると、面白いもので吹っ飛んでいく。逆を言うと、こういったVacationを取らないと爆発してしまう。

でだ。
こういった自分の中の思い出として残るイベントごとは、「属性(タブ)」とゆーかキーワードで思い出すことが多い。簡単に言うと「すいか」を見て、少年時代の夏休みを思い出す感じ。ちなみにこの場合の属性は"夏"タグと"野菜"タグと、"赤いもの"タグ。
別にタグなんか・・・とは思うけど、ソーシャルブックマークなんかを使っていると、結構こういったことがだいじなんだなぁと思う。

なので、思いでもタグを断片に記憶していて、ふとしたときにリレーションを組まれているタグ同士が絡み合い、鮮明な記憶となって頭の中に浮かんできて、思い出し笑いを起こす。

そのイベント属性の中に必ず含まれるのが、"場所"タグと、"友人"タグと"酒"タグ。
これはもうPrimary Keyのように必須なタグで、これがなければ思い出にINSERTされないといってもいいほど必要。

エンジニア症候群と前に記事を書いたことあるけど、何かの内容は覚えてなくて、その内容が書かれたドキュメントまでのパスを覚えるってことがよくある。例えば、「えーっとあの仕様書の中身はわかんないんだけど、確かあそこに書いてあったなぁ」といった具合に。そして共有サーバの特定のフォルダまでのパスを覚えているといった感じかな。なので、ドキュメントなど残らない思い出の場合は、属性といった感じ。

前に読んだ、フューチャリスト宣言で茂木氏が人間の記憶とインターネットの情報というのは似ているって言ってた。脳のシナプスとインターネットの回線と、データ(記憶)の残っている前頭葉とサーバなどの記憶媒体を比べると、類似しているところがあるようだ。(確かもっと詳しく、理論的に書いてあったと思うんでそっちを読んでください。

話しが逸れていって、このままじゃ話しがまとまらない、、。

さて、これから溜まった仕事をこなすとなると、寝ないで朝の7時半に上野だ。雨が降らないことをただ祈る。2日間の夏休みの始まりです。

« 夏とセミのICOCAな関係 | ホーム | だって夏だもん!@2007 »