« San Francisco探検記(Fisherman's Wharf~Golden Gate Bridge) | ホーム | FREE DAY »

28 April

BIRTHPLACE of SILICON VALLEY

Weekendということもあり、ちょっぴり遅めの朝。

軽く朝食を済ませてから、庭でパソコンをするのが最近の日課です。
とっても天気がよいので、サングラスをしながら庭用の椅子を出してもらって
吹き抜ける気持ちのよい風を感じながらメールをしたりSkypeをしてます。

お昼近くになって、STAY先の息子さんがシリコンバレーからやってきた。
デビットさんはBerkeley大学院を卒業後、様々なグローバル企業に身を置き
主にIT企業をメインとしたビジネスプロセスのコンサルタントだ。
国籍はアメリカなんだけど、日本に2人のお子さんがいる。

今回は5週間だけシリコンバレーに出張で来ていて、運よく会うことができた。
次はカナダ・上海など海外を飛び回っており、会えたことがまさに奇跡的だ。
ケ・セラ・セラに感謝。

んな感じで、デビットさんと二人でお出かけ。
PinoleからBerkeleyに行ってBerkeley大学内を案内してもらってから市内のタイ料理を食べる。

世界でも5つの指に入るくらいな大学がある街ということで、
世界各国の文化が入り混じっていてとても刺激的だった。
個人的にSun Franciscoよりこっちのほうが好きな街かもしれない。

TULLY'S COFFEEは日本よりすんごく甘めだけど
次はパソコン持ってカフェに行くことを目標に決めてみよう。

昼過ぎに、どこ行こうかと大学内のパソコンでGoogleMapを開く。
頭の片隅にあった「シリコンバレー発祥の地」(Birthplace of Silicon Valley)
を思い出し提案⇒即決定⇒出発に至る。

その発祥の地ってのがHewlett-Packard社が創立したガレージ。
(367 Addison Ave., Palo Alto CA)

このガレージは1938年にBill Hewlett氏ととDave Packard氏が最初に会社を設立し
最初の製品を世に送り出した有名なガレージです。
ガレージから起業し、世界企業になるというシリコンバレー・スピリットのシンボルとして
また一面農園だったこの地をハイテク企業の中心地「シリコンバレー」とした
スターテイングポイントとして、カリフォルニア州の歴史的建造物にも指定されています。
(TOP写真の奥のほうに見えるのがガレージっす。)

まさにベンチャー発祥の地ってやつでしょうか。
IT業界に従事する人なら知ってる人多いのではないでしょうか。

とはいっても、普通の閑静な住宅街にポツンとあり
ここから世界に発信する企業が生まれたとは思えなかった。

んで帰りに近くのStanford大学を見学して家路に着く。

夜はDel Note付近のイタリアンをご馳走になる。
至って普通のファミリー向けのレストランなんだけど
サービススタイルというか、いいなぁーと思ったところがいくつか。

会話の間にひたすらメモを取る。とっても素晴らしい飲食スタイルだ。
日本で受け入れられないだろうか、ちょいと楽しみ。


来週からは7日のうち2日は集中して勉強する日を設けることにした。
Englishで足りないところを補ったり、こっちにきて感じたこと、
日本に向けて何かフィードバックできることをじっくり考えたいからだ。

世界有数のBerkeley大学、Stanford大学を見てみて感じたこと。
デビットさんから聞いたシリコンバレーはもとい、
グローバルで働いてる人の意見などをゆっくりじっくり考えたい。

明日は日曜日。
ゆっくりしよう。

今日の写真をPHOTOGRAPHにUPLOAD。

« San Francisco探検記(Fisherman's Wharf~Golden Gate Bridge) | ホーム | FREE DAY »