« ムーンライトえちごに乗って | ホーム | 巧遅は拙速に如かず »

07 February

NEXT STAGEへ

「どうも何か大きな変化の真っ只中にいるようだ。
 でも具体的に未来がどうなるのかはわからない。」

そんな環境下で、自分はどんな風に考えてどんなことをして
どう生きていくべきなのか。

限られた情報と、限られた能力で、限られた時間内に拙いながらも
何かを判断し続け、その判断に基づいてリスクをとって行動する。

行動することで新しい情報が生まれる。

行動するもの同士でそれらの情報が連鎖し、未来が創造される。
行動する者がいなければ生まれなかったはずの未来である。

未来志向の行動連鎖を引き起こす核となる精神。

今がそこそこ平穏なら変化などしたくもないと誰しもが思う。
「次の10年」に限って言えば、別に変化しなくても大丈夫だろう
という考えは多分正しい。




3月末で会社を辞めます。
そして、4月からサンフランシスコに行きます。



嘘のようでホントになった話。

別にあっちに仕事があって「こっちにおいで」という誘いがあったわけでもなく
行きたい!だけで、向こう側に行ってくる。

この行動が正しくて、決まった未来があるとは限らない。



「遊びに行くようなもんだ。」
「時間の無駄だ。」
「君には何もできやしない。」
「考えが甘過ぎる。」
そんな後ろ指を差されてもおかしくない。



しかし、そんなことを考えていたら、なんの行動できない。
毎日、真剣に悩んで悩んで、やっぱ自分はこうしたい!

ならやるしかないじゃん。
という自分の中での結論。


会社の社長、常務、いろんな協力会社の社長さんとも
12月後半ころから話し合いの場を設けてもらい、
自分のわがままを聞いてもらったような「思いっ切りリタイアメント」。


寧ろ、今より年を重ねたら変化を嫌う自分がいるだろうし
思いっきった行動なんかできっこない。


目指すはサンフランシスコ。
泊まる場所も車もなんとかなった。

あとはネットのつながる環境があれば、どこでも仕事できる。
どこでも今まで出会った人たちとのコミュニケーションは取れる。

これを見ていてくれる友人・仕事関係の人・両親・全ての人。
こんな場所での発表で申し訳ないです。
多分、0か100で帰ってくると思います。



That's the Way to GO!
(それが行くべき道である。)


今は、ただ自分の判断を信じるのみ。

« ムーンライトえちごに乗って | ホーム | 巧遅は拙速に如かず »