« BookRevue:「負けるが勝ち」の生き残り戦略 | ホーム | BookRevue:ウェブ進化論 »

03 July

BookRevue:シリコンバレー精神

TITLE シリコンバレー精神 -グーグルを生むビジネス風土
BOOK INFO 筑摩書房 (2006/8/10)
梅田 望夫 (著)
BUY DATE 2006年下旬
REVUE DATE 2007/7/3
EVALUATION
自分のアメリカに行きたい気持ちを爆発させた本といっていいほどの1冊。著者の梅田氏はネット革命とバブル崩壊の一部始終を目撃し、マイクロソフト帝国の変質と、リナックス、グーグルの誕生に注視している。技術と経営と投資家の幸福な結びつきと、その背後の「変化を面白がる楽天主義」を余すところなく伝える名著だといっても過言ではないだろう。
20世紀の終わりから21世紀の初めにかけて、シリコンバレーで何が起こっていて、著者が何を考えていたのかが書いてある。
自分がいる日本とのあまりの違いに衝撃を受けました。特に、個人の財産は個人のもの、会社の借金は会社のもの、と分けている部分には文化の違いをとても感じました。

« BookRevue:「負けるが勝ち」の生き残り戦略 | ホーム | BookRevue:ウェブ進化論 »