« BookRevue:ロジカル・シンキング | ホーム | BookRevue:「負けるが勝ち」の生き残り戦略 »

03 July

BookRevue:ザ・ゴール

TITLE ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か
BOOK INFO ダイヤモンド社 (2001/5/18)
エリヤフ ゴールドラット (著), 三本木 亮 (翻訳)
BUY DATE 2005年中旬
REVUE DATE 2006/7/3
EVALUATION
工場での業務改善の様子が物語風に書かれていて、読んでいて苦痛ではなかったです。一気に読めました。工場の専門知識がなくてもわかるようになっており、文体も話し言葉がほとんどで会話をしながら主人公と一緒に学んでいくという形式になっているのでとても読みやすかったことを覚えています。
企業や工場の本当の目的な何なのかというところから、根本的な問題を見つけ、その見つけ方を解明し、問題を解決する方法を探していく。小手先だけの解決ではなく、パラダイムシフトが重要だということが言われていました。読み進めながら、なるほど!確かに!という感動が次々に浮かんできました。また、この思考プロセスは特定の工場だけでなく、会社全体や人生においても同じことが言えるのではないかと思いました。

« BookRevue:ロジカル・シンキング | ホーム | BookRevue:「負けるが勝ち」の生き残り戦略 »