« 江ノ島と三社祭と週末写真 | ホーム | 残業ビジネスマン »

30 May

誇るべき同級生

名もない群馬の高校。
そこで、知り合ったんだ。

高校を卒業して今年で9年目。
それまで一切の連絡も取らずに
全くもって会うこともなしに、お互い生きてきた。



彼はオレの貸した"エースコンバット2"を持っている。
合コンとかで、よく会場になってたオレの家にいた。



彼はトイレで女の子と2人で閉じ篭った。
誰もトイレのドアを開ける人はいなかった。


が、沈黙を破るべく開けた人がいたのだ。






父だ。



トイレは家に一つしかない。
開かずの扉を開けてしまったのだ。



父は沈黙。




次の日の朝、激怒。
彼はいない。




そんな彼が家から3分もしないとこに住んでたのだ。


オレが引っ越して約半年。
彼は約8年。



互いに、いろいろな人生を歩んできたよーだ。
そんな彼と沼袋で飲んだ。



昔の記憶を辿りながら、朧げな記憶の彼方に見え隠れする
昔の彼を照らし合わせながら、今ある存在を知ろうとする。


過去に見えるその存在を手探りで探してるのに
今ある存在に驚き、酒を手に取り、今ある自分と見比べてしまう。



人生とは面白いものだ。

« 江ノ島と三社祭と週末写真 | ホーム | 残業ビジネスマン »