« Windows Vista | ホーム | 江ノ島と三社祭と週末写真 »

19 May

FREE STYLEブログ リニューアル

今週1週間、仕事が終わってからというもの、コツコツとブログのリニューアルに勤しんできました。 今回のリニューアルの大きな変更点として

・「日記」と「IT・PC関連」の大カテゴリーを作成
・大カテゴリーに紐付く、中カテゴリーを作成
・プロフィールページ(About Me)の作成
・はてなブックマーク、Google Readerなどの
 Web2.0的なサービスとのリンク

ってなとこです。 リニューアルするきっかけとなったのが、「ヤコブ・ニールセン博士のAlertbox」を読んでから。彼は、ウェブのユーザビリティに関しては、アメリカで並ぶもののない第一人者。 ブログユーザビリティの間違いトップ10について書かれていたんだけど、これからのWEB社会を見据えての変更というか、勝手な自分の見切り発進でもあります。

ブログユーザビリティの間違いトップ10ってのが、下のようになっている。

1.About meが書かれていない
 訪問者は運営者の事を知りたがっている

2.運営者の写真が無い
 人間は「顔」によって覚え、認識する

3.漠然とした記事タイトル
 検索エンジンでも、RSSでも、いろんな場所で記事タイトルは表示される。その記事についてタイトルを見る事によって分からなければいけない。

4.どこへのリンクか分からない
 「こちら」「ここ」といったリンクタイトルをつけてはいけない。リンクタイトルにはリンク先の情報が分かるように記載する。

5. 過去の記事を埋もれさせる
 新着記事に背景や関連となる過去の記事のリンクを記述する事を忘れない事。訪問者は最初からそのブログの読者であるとは限らない。

6. ナビゲーションにはカレンダーしかない
 カテゴライズされていない事。時系列に見れる事は良い事だけれども、カテゴリーがある事で訪問者は特定のトピックについて読む事が出来る。

7.更新頻度が一定していない
 毎日更新出来るのがベストだけれども、週に1回、月に1回でも問題は無い。しかし毎日更新していて、時々月に1回の更新になったりするのが問題である。

8. 複数の話題を扱っている
 時間の無い訪問者は興味のある記事しか読みたく無い。混在する全ての話題を読むのは時間がありあまっている人だけである。

9.上司に当てて書いているという事を忘れている
 インターネット上に公開するもの何でも、10年後の上司がどう見るかを考える。キャッシュは残ります。上司に読まれたくないのなら、公開しないこと。

10. ブログサービスのドメイン名を使う事
 URLアドレスの最後にblogspot.comなどがついている事。Fc2blogの場合はblog.fc2.com。これらは、あなたの運命を握っている。サービスの質を落そうと思えば落せるし、目につく広告バナーをつける事だって出来る。

これからも、どんどんインターネットを行う人たちが増えてくるだろう。

ヤコブ・ニールセン博士が推測するに、アメリカと日本のインターネットに対する意識の違いが、社会やビジネスまでに影響していると語っている。
自己アピール型のアメリカと比べて、日本のユーザの場合は、やや引っ込み型。
アメリカでは、ブログというツールを用いて、自分の意見やら思想などをどんどんインターネットに配信している。
逆に日本では、著名性を楽しむかのように、ちまちまとした情報(くだらい情報)を流している。

のだという。
その、特化すべきとろろは、本名と顔の表示だそうだ。

確かにアメリカと日本でそーも変わらないところはあるかもしれないが、確かに頷けるところもある。
ということも含めて、自分なりに考えてのリニューアルとなりました。

「日記」「IT・PC関連」と、大きくカテゴリ分けすることで、真面目に書いてみたり、日記のところで愚痴をこぼしてみたりと、いろいろ書いてみたいと思っています。


参考サイト
ヤコブ・ニールセン博士のAlertbox
Weblog Usability: The Top Ten Design Mistakes[Alertbox]

« Windows Vista | ホーム | 江ノ島と三社祭と週末写真 »