« BOMBER GW!!! | ホーム | Uniting with PASOKON »

11 May

do you think free?

 「ThinkFree Office Online」は,Word,Excel,PowerPointと互換性のある文書を閲覧・作成・編集できるWebアプリケーションである。ブログに文書を直接ポストできる。WebブラウザでPowerPointのプレゼンテーションを見ることができる。既存の文書をPDFに変換することもできる。30Mバイトのディスク・スペースが付いた基本アカウントが無料である。現在ベータ版が提供されている。ベータ版はWindows 2000/XPとInternet Explorer(IE)6.0以降で動作が確認されている。【IT PRO Tech

Web2.0。

このWebに対する可能性は、もはや無限大になってきている。
というか、ちょっと気を抜いただけで置いてかれちゃうほど、技術の進歩は目まぐるしく動いている。

でもって、このThinkFree Office Online。
ブラウザで、Word,Excel,PowerPointの文書を編集できるという代物。
もはやWeb2.0を駆使して、IT業界に革命すら感じられるものだ。


MicrosoftやMacなどのOSには依存しないし、アプリケーションソフトの必要も無いので、インターネットに接続できるブラウザなら、どこでも書類の編集・閲覧ができる。

自分のローカルには、WORDやEXCELのファイルを置かずに、WEB上で修正などできるので、"ウェブ進化論"でいう「あちら側」での可能性が大いに詰まっているものだろう。


しかし、ライセンスなどの問題はどーなんだろ?
30MBのディスク・スペースが付いた基本アカウントが無料ってわけだから、それ以上が有料になるわけで、その料金からペイされるのかなぁ。

しっかし最近じゃ、町役場丸ごと経産省がLinuxデスクトップ数百台を札幌市,栃木県二宮町など導入したって記事もあった。
WORDやEXCELの代替としてOpenOffice.orgを導入し、140台にわたる「町役場」のパソコン全部がフリーのもので構築されているようだ。

関連性のないようなこの2つの記事。
しかし、今後のIT業界を考える上で、なくてはならないものとなるだろう。


それと、サイバーエージェントの藤田氏のブログでは、技術者が不足しているとのこと。

この技術合戦の中で、生き抜くためには様々な観点で、観察してかなければ置いてかれちゃうし、老いて枯れちゃう。
連休明けの徹夜続きで、ちょっと広い眼で世界を見たいと思ったのでした。


« BOMBER GW!!! | ホーム | Uniting with PASOKON »

トラックバック(1)

do you think free? - MISHUKU.net / FREE STYLE 続きを読む