« ILL COMMUNICATION | ホーム | SHINTAIZM »

11 January

LIGHTBOX


チュートリアル系の記事を書いていると、ふとサンプル画面を例示することがある。これがまた結構な大きさだったりすると、コンテンツ幅を大きく超過してレイアウトを崩してしまうことがある。これを避けるために「サムネイル」を用いるのが古典的なやり方ではあるが、最近のモダンなブラウザはポップアップを無効化したりと都合がつかない。今回はより近未来なサムネイル表示方法について。【OpenStratus

お昼休みにコソコソとネットしてると
Web2.0的なすんばらしい技術が
OpenStratusで紹介されてたんで
家に帰ってからビール片手に試してみました。



サムネイルといえば、クリックすると
ポップアップ画面が表示されて〜と
別ウィンドウ反対派の皆さんに
批判を食らうことがシバシバ。

ポップアップしたウィンドウを閉じるのも
めんどくさいってのもある。

そのわずらわしさを少し解消したのが
この"lightbox.js"を使った画面表示方法。


下の写真をクリックすると写真が
ドカンと出ます。

んで、でっかい写真をも一回クリックすると
ウィンドウを切り替えることなくモトに戻れるといった具合です。



百聞は一見にしかずとゆーこともあり
是非お試しあれ。





サムネイルと原寸大画像を画面遷移なしで表示できるもので、
Mac OSXのExposeに似たものがあります。



気づいたかも知んないけど弱点を発見。

Flash画像が同一画面にある場合
それより上には表示されないようです。

ちょっぴり残念。


 技術参照 >>> Lightbox JS


« ILL COMMUNICATION | ホーム | SHINTAIZM »