2005年7月アーカイブ

09 July

Right Thurr

この記事は、当時Livedoor ブログで書いていたものを転載したものです。

c6dbb3cd.jpg携帯電話が壊れました。

ドコモショップの人には
「朝起きたら電源が入りませんでした」
と言いました。

今、謝ります。

本当はロフトから携帯が
投身自殺を図りました。

シャワーを浴びていながら
アラームの音が聞こえてきました。

バコーンというけたたましい音と共に消沈。

部屋に戻ると本体と電池パックとが
バラバラの状態。

恐る恐る"PWR"ボタンを押し続けるが
一向に反応がない。

真っ暗な画面に自分の顔が淋しそうに写る。

結局は本体交換をタダでやってもらったが
失ったものが大きい。

メモリ。

仕事関係の連絡先はPHSのほうに入ってるが
プライベートの連絡先が0件になりました。

これ見てる人
連絡先教えてください。

Samurai Syndrome

この記事は、当時Livedoor ブログで書いていたものを転載したものです。

f5336d0d.gifBIってなんだ?

なんですか?
調べても「ビジネスインテリジェンス」。

なんじゃそりゃ。

そんなコンクラフトを抱えながら
半年間、設計・実装やってきた。
ってか今も現在超進行形。

時は遡り、半年くらい前。
上京して右も左も新鮮で刺激の毎日。

白いシャツもそろそろ色ついてきたころも
必死にしがみついてきた。

聞きなれない、横文字と
飲食店の伝票とかしかやったことないのに
でかい会社の業務改革推進なんてやっていいの?
なんて後ろめたい気持ちを抱えて。

そんな中、こう聞かれる。
「決算調整って、一般会計の歳入歳出の
 決算上の不足があった場合、
 ここからその不足を補てんして、
 一般会計の収支の均衡を図るんだよね。」
 そんでデータとしては、6、9、12、3月の
 決算調整フラグが立ってるものが、それになるんでしょ?
 設計書に何も書いてないけどいいの?」

なんて答えりゃいい?
「水商売にゃ、そんなんありません。」

答えてやりたかった。

前働いてた飲食系の本部のねーちゃんも
そんなこと聞かねーよ。

おーーーーっと
ここはそんな場所じゃねーぜと気づくこと0.3秒。

「そっ、そーですね。
 この設計書修正しときます。」

コツコツやるしかなった。

プロジェクトの基本用語集なるものも
隅から隅まで読んだ。
この企業特有の用語もわかるようになってきた。

わからないこと、
はっきり"わからない"って言って聞いた。

クリスマス推薦図書の
「ロジカル・シンキング」も
駅前のドトールに通いながら読んだ。

週末を使いながら他の仕事もやってみた。

週に1回は現実逃避するほど
忙しくなってきた。

2chに書かれてる
"プログラマ@2ch掲示板"
"SE@2ch掲示板"
に書かれてる意味が
胸が痛むほどわかってきた。

「今が踏ん張りどき」
そー思ってもう半年。

今じゃ新しくJOINした人にいろいろ教えたり
タスクサポートしたりと
自分の仕事に手がつかない状況。

こーもなってくると
"辛い"とか"辞めたい"とか
そんなんじゃなくって

"やったろーじゃん"。

そして何かが見えてくるなら
それで儲けモンでしょ。

そう×2、今日も仕事。
デブラグしてるPCもそろ×2終わる頃。

週末は週末でまた楽しいもんなんです。

06 July

Lil' Homies

この記事は、当時Livedoor ブログで書いていたものを転載したものです。

0f66c207.jpgなんか
こう
もっと
勉強したい。

毎日が
こう
勉強なわけだが
もっと違ったコト。

今までが
今までで
現在に至るまでは
なから遠回りしてきた。

もうちょっと遠回り
してみてもいいかな。

01 July

Why U Turn On Me

この記事は、当時Livedoor ブログで書いていたものを転載したものです。

4d3d644f.jpg"宇宙は、物質・エネルギーを含む
時空連続体のまとまりである。"

時空連続体とは、
時空を4次元多様体として
捉えるを指すってさ。

連続体という考え方ってのは
今の物理学ってのじゃ古典的みたいで
時空の量子論を論じるときには
多様体という幾何学的物体を
量子化して考えなければならないってさ。

で、そのなんとか物体ってのを
どのように量子化するのかってのは
まだよくわかっていないみたい。

まず、量産型ってのはガンダムにでてくる
ザクくらいしかわかんねーし。
量産型ザクより
シャア専用ザクが好きだったし。

で、なんとか物体もサッパリだし。

んまっ人間がまだ理解し得ない
空間、存在なんだろうね。

現代の物理学では「宇宙」は
もはや物理学的な「世界」全体ではありえず
生成・膨張・収縮・消滅する
物理系の一つにすぎない。

理論的には無数の宇宙が
生成・消滅を繰り返しているとも
考え得るものになっている。
(Wikipediaより)

---
「宇宙をシステム化してくれ」

こんな、お題があったら
あなたは何を設計しますか?

そんなことをテーマに
語り合ってるサイトを発見。

うん。
現実逃避気味。