2004年11月アーカイブ

21 November

Hello!沖縄っ!!2

この記事は、当時Livedoor ブログで書いていたものを転載したものです。

2日目は会社の若い人たちで行動。
同じ会社なんだけど
普段は別々に仕事しているだけに
なんだか楽しいメンバー。

事務の子にプログラマーの子。


名護から高速ぶっとばして
沖縄の一番下のほうに移動。

まずは那覇にある首里城に到着。

高校生の修学旅行なのか学生服が目立った。

そんなか結構はしゃいだ。
首里城の守衛隊のなんだか偉い人と仲良くなり

「沖縄来るんだったら俺に相談に来いっ!」

なんて熱い人だった。
そんな上里さんと10分以上立ち話をしていた。

なんでも30年近く東京で仕事を続け
退職後沖縄に帰ってきたとのこと。

アメリカ軍には出ていってほしいけど
そのアメリカ軍のおかげで生活している人も
少なくはないらしい。

どうにかしたくていろんな活動をしているんだって。
協力できることなら協力したいもんだ。

上里さんの紹介で"ひめゆりの塔"に行くことに。
なんでも沖縄戦争で222人の女学生が犠牲になった場所らしい。

首里城から30分くらいで到着。

そこはなんだか異様な雰囲気の場所だった。
暗い洞窟がありそこには
たくさんの花束と千羽鶴とは石碑とか。

説明するの苦手で、なんとも詳しく書けないけど
沖縄に行く人がいたら一度は行って欲しい。

今からそんな遠くない1945年に起こった
沖縄を舞台にした戦争のことをもっと理解して欲しい。

20 November

Hello!沖縄っ!!

この記事は、当時Livedoor ブログで書いていたものを転載したものです。

会社の社員旅行で沖縄に2泊3日の
旅行に行ってきました。


沖縄出発初日。

茨城班の連絡で起きる。

茨城班は高速バスで羽田に行くため
羽田空港で集合

明らかに遅刻。

寝癖たくさんでバックに服を詰め込んで
駅までダッシュ四駆郎。

行く途中に忘れたものが思い出される。

・下着・靴下
・携帯充電器
・タバコにライター
 などなどエトセトラ...

パソコン一式は忘れずに持ってきているってのに
肝心なものらを忘れる。

現地調達決定。

冬日ばっかバックにい詰め込んだけど
沖縄の秋は暑かった。
25度くらいあるのね。

沖縄に着くや否やレンタカーで移動開始。
空港の那覇から宿泊地の名護ってトコまで結構ある。

ブイ~って2時間くらい移動してこの日は終了。
コンビニで買った泡盛をテラスで飲んでご機嫌。

13 November

ファンタスティックGoGo!!

この記事は、当時Livedoor ブログで書いていたものを転載したものです。

今日起きたらアンビリーバボーの再放送やってた。
なんでも巨大スペシャル。
その中でデカイ木がでていた。

そこで思い出した。
昔小学生のとき夏休みの思い出紹介ということで
思い出に残りることを一人ひとり紹介しいく。

そこで自分の番がやってきた。

ボーイスカウトかなんかでその夏休みに
幹の太さが30mくらいのデカイ木を見に行ったとき
のことを紹介しようと席を立ち発言。

「僕は夏休みに半径30kmの木を見ました。」

メートル法を間違える。

発言した後に、その物凄い大きさに気づくが
何をムキになったのか周囲のクレームにも負けず
それを押し通した。

「木の周りを歩いてたら1日かかりました。」

あ~あ言っちゃたよ。
なんて思いながら夏休みのファンタスティクな物語を
膨らませながら語った思い出がある。

そんな木があったら見に行きたいよ。

01 November

草迷宮

この記事は、当時Livedoor ブログで書いていたものを転載したものです。

家庭の事情により
あの頃は早く家を出たかった。

今も頭に残る小学校の夏休み。
プール開き前日。
些細なことで竹ぼうきで腕を殴られ
右腕全治2週間。

小学校の元旦。
母と弟で狭い部屋の片隅で体を潜め
年を越したあの頃。

いつからか日曜日の家族での
焼肉の日もなくなり
日曜日の夜はカップラーメンの日
となったあの頃。

時が経つにつれ玄関から
入ってこなくなった。
裏口からひっそり家にいた。

自分が大きくなるにつれ
立場が逆になっていったあの頃。
会話などなくなり、老いていく姿に
少しの優越感を抱く。

それから家を出て暫く経つと
母も弟もいなかった。


今だからわかることもある。
今だから1から話すことができる。
昔よりはうまく話せることもある。

たまに茨城の海産物を送ってみる。
昔よりはうまくいってるような気がする。

それぞれのステージで
それぞれの時間が過ぎている。

こんなショッパイ日も
たまにはいいもんだ。